諸々がままならない状況で
私はわりと元気に過ごしており
2021年は
お芝居を始めて20周年という節目となりました

20年目の一人芝居を
You Tubeにて配信しております

「言葉を纏ふ」〜纏の三 太宰治『斜陽』〜

いつか舞台で上演出来る事を願って


2012/7/1

読書メーター6月まとめ  読後感

好きな作家さんの新刊が出たときに
踊りだして喜ぶくらいに
本を読むのが楽しくなったのは
いい事だ



6月の読書メーター
読んだ本の数:14冊
読んだページ数:4312ページ
ナイス数:56ナイス

細雪 下 (新潮文庫)細雪 下 (新潮文庫)
家の認めた人と見合いをして結婚する。今の感覚からすると不自由に思うけれど、当時はそれはそれで自由だったんだろう。制度や慣習は縛るものではなく、守るものだったんだろう。
読了日:06月30日 著者:谷崎 潤一郎
細雪 (中) (新潮文庫)細雪 (中) (新潮文庫)
読了日:06月30日 著者:谷崎 潤一郎
細雪 (上) (新潮文庫)細雪 (上) (新潮文庫)
読了日:06月30日 著者:谷崎 潤一郎
ふたりの距離の概算 (角川文庫)ふたりの距離の概算 (角川文庫)
読了日:06月24日 著者:米澤 穂信
ラブコメ今昔 (角川文庫)ラブコメ今昔 (角川文庫)
そうか。誰かに惚れる時、大抵はその人の「持ちもの」に惚れてるのか。声、笑顔、愛嬌、技術、知性、思想。魅力的なものをたくさん持ってるから、その人に惚れるのか。
読了日:06月23日 著者:有川 浩
ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖3 ~栞子さんと消えない絆~ (メディアワークス文庫)
その本の価値は、持ち主が決める。一般に高額で取引される本でも、持ち主にとって価値が無ければただの紙束だ。だけど思い入れのある本は、持ち主の命と等価と言ってもいいくらいかもしれない。
読了日:06月22日 著者:三上延
転落の記転落の記
「丁寧」とか「誠実」があると人から信頼される。信頼されるって事は、裏を返せばそのまま人を騙せるって事だ。使い方次第では、偉い人にもなるし、罪人にもなる。
読了日:06月18日 著者:本間 龍
神様のパズル (ハルキ文庫)神様のパズル (ハルキ文庫)
あらゆる疑問にはすでに「無意味」という答えが出ているのだよ。それでも考えてみようじゃないか。せっかく生きてるんだからね。
読了日:06月15日 著者:機本 伸司
フリーター、家を買う。フリーター、家を買う。
気付いて、考えて、行動する事。それが出来なけりゃどんだけ学歴があってもバカなんだ。でもそれさえ出来れば、多少アレでも誰かを喜ばせる事が出来るんだ。
読了日:06月12日 著者:有川 浩
北一輝のための終りなき戯曲 北君イツ立ツカ 返待ツ北一輝のための終りなき戯曲 北君イツ立ツカ 返待ツ
「立派な人が、国の事を思って行動した」と言われてもピンとこない。「茶目っ気のある賢い兄ちゃんが、家族や友達の事を思って行動した」んだ。なんだか小さいようだけど、革命とは多分そういうのが集まって出来ているんだろう。だから人を惹きつけるんだろう。
読了日:06月12日 著者:伊藤 正福
ボトルネック (新潮文庫)ボトルネック (新潮文庫)
詰まるから動かなくなるんじゃないんだ。動かないから詰まるんだ。感動をしないとどこかが詰まって、ますます動かない人間になっちゃう。詰まりをとるには、感動しよう。じーん。
読了日:06月06日 著者:米澤 穂信
遠まわりする雛 (角川文庫)遠まわりする雛 (角川文庫)
読了日:06月04日 著者:米澤 穂信
みんないってしまう (角川文庫)みんないってしまう (角川文庫)
読了日:06月03日 著者:山本 文緒
知らないと恥をかく世界の大問題3  角川SSC新書知らないと恥をかく世界の大問題3 角川SSC新書
「歴史」として習った事も、その時代に生きている人にとっては「現在の事件」であって、現在起こっている事はいずれ歴史になるわけだ。歴史が動く瞬間にいるんだ。知らないと損だ。
読了日:06月01日 著者:池上 彰

2012年6月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター


1
タグ: 読書 



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ