次回公演予定


2018年8月16日(木)〜19日(日)
ノーコンタクツ
『パイレーツ・オブ・トレビアン2〜呪われた最後の海賊たち〜』
大塚萬劇場


もう少し詳しい情報はこちら
よろしくお願いします

2013/8/26

所沢市の能楽ワークショップ  めっけもの

クリックすると元のサイズで表示します

所沢市主催の
能楽ワークショップに参加してきて
講師である
観世流能楽師 遠藤喜久先生と
一緒に写真を撮ってもらった


一昨年
当時は神奈川県在住の身でありながら
片道交通費710円
一時間半かかっても
このワークショップに参加しようと思ったのは
発表会まで含んでいる、という内容と
その安さに惹かれたからだった

6回程の稽古と先生のお話
最後に大きな舞台で発表会までやらせてもらい
先生の能舞台までみせてもらって
参加費は6000円

能楽のワークショップは
結構あちこちで開催されてるみたいだったけど
この所沢市のものほど
リーズナブルなものはなかった


今年、私は二回目の参加で
一昨年と同じ『唐船』という仕舞を教わり
発表会には友人が母上様を伴って観に来てくれた


能は、650年も前から続いているという
続いているのは
先人たちが今まで伝え続けてくれたからだと
先生は言った

今後も続くためには
我々が伝え続けていかないといけないと

なんとなく敷居が高いような気がする古典芸能も
なるべく身近なものとして
触れる機会があればと
先生は子供からお年寄りまで
分かりやすく伝え続けている



所沢市長が言っていた
財政がひっ迫したとき
まず削られるのは文化なんですと
生きていくのに
直接必要がないと思われるからだろう


サッカーをやる人は
こんなに球場は要らないと言い
野球をやる人は
サッカー人口が多すぎると言う
文化に馴染みのない人は
文化施設は不要だと言うものです

若干ウロ覚えだけど
市長さんはこんな事を言っていた

まったくそうだなぁと思う

なので
文化が大事だと思う人は
ちゃんと文化を大事にすることを
なるべく声や行動にしていないと
文化要らない、という人に
負けちゃうんだろう

文化の予算より
医療費の予算の方が大事だ!と言われれば
やっぱり説得力あるもんな


私は
文化、と括られる辺りのものは
好きだしなくなって欲しくない

あまり出せる金は多くないけど
こんなものがあるよと
あちこちで語るくらいの事はタダだし
少しでも貢献できればと思う
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ