諸々がままならない状況で
私はわりと元気に過ごしており
2021年は
お芝居を始めて20周年という節目となりました

20年目の一人芝居を
You Tubeにて配信しております

「言葉を纏ふ」〜纏の三 太宰治『斜陽』〜

いつか舞台で上演出来る事を願って


2016/2/22

アナログ迷走タイムマシン  稽古のあと

クリックすると元のサイズで表示します

二・二六事件はちょうど80年前

おじいちゃんが事件に参加してたとか
おじさんが関係者だったとか
そういう話を聞くのは珍しくない

その事件を見たり聞いたりしたことも含めて
その事件を「体験」した人は
まだたくさんいる

それぞれの人にとって「過去」であるうちは
「歴史」と呼ぶには近すぎる



でも逆の言い方をすれば

どんな「歴史」も
「歴史」になる前は誰かの「過去」であり「体験」だったわけで

私たちは何とかして
その「体験」を追いかようとしていて

追い求め続けるのだけど
決して「理解しました」と言えるとこに着くことがない
(って辺り、あぁなんか宗教に似てるなァ、と思った)



「わかりました」とも「わかってください」とも言えない

けど

「考えました」「考えませんか」「一緒に」

とは言いたい
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ