次回公演予定


2018年8月16日(木)〜19日(日)
ノーコンタクツ
『パイレーツ・オブ・トレビアン2〜呪われた最後の海賊たち〜』
大塚萬劇場


もう少し詳しい情報はこちら
よろしくお願いします

2016/3/18

『大地を受け継ぐ』  めっけもの

知人に勧められた映画を観てきた


『大地を受け継ぐ』

知らなければ、何も始まらない
だから、ボクらは福島へ向かった



福島第一原発から65キロメートルの場所で
農家を営む方が
ご自身に起こったことを淡々と語る
それを聞く東京都の学生たち

内容は全部チラシに書いてある
観るべきはたぶん
そこに生きる人の顔や姿や声
価値のあるドキュメンタリー映画だった
と思う


だけど
アフタートークでこの映画で監督さんが熱く語り始めた
この映画がどれだけのことを語っているのか
福島の現実を知ることにどれだけの意味があるのか

この監督さんは熱心に
自分が正しいと思うことを訴えてるのだと思う
その中で

「今の日本映画で
語るべきことを語っている映画がどれだけあるか
ドキュメンタリ―は頑張ってると思うけど
メジャーな映画は
毒にも薬にもならないようなことばかり
映画館を出たら3分で内容を忘れてしまうようなものばかりじゃないですか」

…というようなことを言っていた


私は
自分が正しいことをしているという自信は
こんな暴言を吐かせてしまうんだ
ということが
むしろ恐ろしかった


「自分の言ったことが
どれだけの力で人を傷つけるか
あんまりにも想像力のない人間が
政治家をやってる」

…と非難するけれど

自分の言っていることが暴言ではないかと
考えることをしないのは
似たようなモンじゃないかと
なんとなくしらけた気分になった


被害者の反対は加害者
人を傷つけることはいけない
責任を取らないことはいけない
子供でもわかるような「正しさ」は
振りかざせば最強で
一切の反論を許さない


この映画を観て
まっすぐに耕運機を運転するお兄さん
福島産の野菜を買わないことに「気持ちはわかるよ」と即答したお母さん
色々感動するところはあったけれど

それを表現にする方は
それを聞く学生が涙ぐめばここぞとばかりにアップする

「ほら!感動するでしょう?まともな人間なら心を動かされないわけがない!」
と言われているようで
なんとなく反発してしまった


とはいえ
ある当事者の声をそのまま映画にした
観る価値のある作品ではあると思います

ポレポレ東中野にて
17:10から
3月25日までやってるようですよ
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ