諸々がままならない状況で
私はわりと元気に過ごしており
2021年は
お芝居を始めて20周年という節目となりました

20年目の一人芝居を
You Tubeにて配信しております

「言葉を纏ふ」〜纏の三 太宰治『斜陽』〜

いつか舞台で上演出来る事を願って


2009/4/17

当たり前の仕事  稽古のあと

「俳優さんは他の表現者よりも
甘えてると思います

音楽家もダンサーも
まずは
楽譜の通りちゃんと演奏出来るようになってから
振り付け通りちゃんと踊れるようになってから
初めて自分の色を出し始めるのに

俳優は
自分の台詞も満足に言えないうちから
段取り通り満足に動けないうちから
自分の情動を出したがり
それを演出家に見せたがる

楽譜通り演奏出来ないで
振り付け通り踊れないで
指揮者とか振付師に
自分の色を追求出来ますか?

演出家だって
ちゃんと台詞や段取り通りやってくれない俳優に
演出なんてつけられませんよ」


…という様な事を
しずくまち♭の稽古場で
演出家さんが仰った

元々音楽をやっていたらしい
その演出家さんの言うことは
最もであると
やはり音楽家出身の
他の演出家さんも言っていた


自分の情動を
演技に反映させる前に
指示された事は
出来る様になってくれ

あまりにも真っ当で
スジの通った要求


当たり前の仕事が
稽古場で行われなければ
公演なんて作れない

当たり前の仕事が
胸をはって「出来ています」と
言えない恥を知る
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ