諸々がままならない状況で
私はわりと元気に過ごしており
2021年は
お芝居を始めて20周年という節目となりました

20年目の一人芝居を
You Tubeにて配信しております

「言葉を纏ふ」〜纏の三 太宰治『斜陽』〜

いつか舞台で上演出来る事を願って


2009/8/24

この世界には確かに私も彼も居る  稽古のあと

本当に冗談が好きな子で
私が何か面白い事を言うと
きゃっきゃと喜ぶんですよ

見沢さんのお母様が
そんな話をしていた


自分と10歳しか違わないんだな

観に来て下さった方が
そんな事をふと仰った


見沢さんがこの世界に居た事を
確認し続けた演劇が
昨日終了した


終演後に

自分は革命家だと言って
権力と戦ったり
火炎瓶を投げたり

誰に頼まれてるわけでもないのに
何でそんな事をするんだろう

という話をした


その疑問は
ものすごくよくわかる


その質問は
私もよくされるからだ


給料を貰えるわけでもないのに
身銭を切って
長いこと稽古をして
楽しい事ばかりでもないのに
何でこんな事をするんだろう


革命も
演劇も
何故やるかと問われれば
至ってシンプルな答えしかない


多分
それで世界が変わると
本気で信じているんだろう

世界というものを
どこに設定しているか

その違いで
取った手段が
違っただけの話だ
4



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ