諸々がままならない状況で
私はわりと元気に過ごしており
2021年は
お芝居を始めて20周年という節目となりました

20年目の一人芝居を
You Tubeにて配信しております

「言葉を纏ふ」〜纏の三 太宰治『斜陽』〜

いつか舞台で上演出来る事を願って


2011/6/2

ギザギザハートは子守唄を唄えるのか  通り過ぎた日々

職場等で意見がぶつかるとき
私は当然
私の意見の正当性を訴える

なるべく誤解のないように
私なりに言葉を尽くしたつもりだが

そうすると

「それはそうなんですけどね」と
その相手の意見の正当性が返ってくる

かと思ったら

私の意見の言い方が良くないというような
批判と言うか非難と言うか
そういうものが返ってきた

ということが
往々にしてある


またか


そうするともうその相手とは議論は出来ない

すみません確かに言い方が悪かったですね気を付けます

折れたフリをしてやれば
相手は満足するらしい
バカバカしい


結局何の話をしてたんだ
私の意見に対する相手の見解も何も
私は聞いていない
時間をかけて話し合って最終的な結論は
私の言い方や態度が悪い、か
「ご意見を聞かせて下さい」と言われたところで
意見を言う気にはもうならないだろう


きっと
相手が例え理不尽な意見を言ったところで
ちゃんと相手に届く言い方を選ぶことが
大人の意見の出し方なのだろう

それが出来ない私が悪いのも確かだ
けれど

私の意見の言い方を批判した上で
私の意見の内容について
なんで何も言ってくれないんだ

内容については納得したのか
言い方が気になって内容は何も聞いてなかったのか

論点をずらした事に気付いていないのか
なんでそれで
私の方だけが「大人げない」ような言われ方をするのか

まったく論点が違うところで反論する手法なんて
子供のケンカと同じじゃないか


わかってくれとは言わないが
そんなにオレが悪いのか
1



2011/7/31  0:29

投稿者:鮎

せんきう!

2011/6/3  1:34

投稿者:eric

オチが素晴らしい(笑)

http://www.geocities.jp/ericsy99

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ