吉川英至の〜温故知新〜

古き良き歴史から新しきを知る。これまでの数々の経験や体験を皆様へ発信し、そこからまた新たな何かが産まれることを期待して。。。

 

Bells web site


愛知県小牧市にある
SURF&SNOW
プロショップ!!

カレンダー

2019年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

最近の投稿画像

RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:サーファー その1
大会運営をしていくのは非常に大変かと思いますが、大会等に余り経験が無いサーファーからも意見も言わせてください。
ルール説明が無く、進行のマイクの音も聞き取りにくかったので、どのように参加して良いものなのか非常に戸惑いました。
波が割れないのは、どうする事も出来ないので仕方ないのですが、あるクラスだけがヒートのやり直しをして他はしないのは、あまりにも不公平すぎると思います。仕事の都合を付けて休んで参加して、エントリー費¥5000−も払っているんだから公平にジャッジして欲しいものです。
大会を進行していく上でタイムスケジュールも分かりますがスケジュールがギリギリ過ぎると思います。大会を沢山経験されてる選手でも戸惑っていたと思います。
大会スタッフの方達のコミュニケーションがあまり取れていない様で、言い方は悪いかもしれませんが、寄せ集めのスタッフの様に一選手として映りました。
大会自体あまり選手の事は考えずに役員の方達の自己満足なのかな?と考えてしまう様な大会だと映りました。
生意気な事ばかり書いてしまいました。スイマセン。

投稿者:A・ひろ
僕の正直な気持ちは「残念」と「しょうがない」の二つが葛藤しています。

自然相手のスポーツである事、大会運営側の大変さ、素人目から見ても大変なのは分かります。
が、選手の目線から見るとやはり僕は悔やみきれない大会でした。

僕も含めて僅かでもこの大会の為に練習してきた人もいると思います。ベストなコンディションなんて贅沢な事とても思わないですが、1ラウンド目のヒートはとてもサーフィン出来る状態では無かったはずだと思います。

波が来なかったのは自分の運の無さ、波に乗れなかったのは自分の腕の未熟さと重々分かった上で一欠けらも自分の腕を出せなかった事に悔やみきれません。

ですが、その場の大会の雰囲気やタンポポでみんなとサーフィンしたのはとても楽しかったです。

またこれから一年楽しく精進していきますので来年も一緒に出場しましょう。
投稿者:通りすがりのM
ルール?っていったい何なんだろう………、と考えさせられた大会でした。
せめて統一性のある大会でなければ、素晴らしい大会とは言えないとも思います!

度重なるポイントの変更(同一ラウンド)・遅刻者のヒート繰り下げ参加を容認・同一ラウンドでのウエーティング等々…

大会に出場する選手達は、さまざまな思いはあるかと存じますが私は「12分間の発表会」と思い参加しました。

発表会っていうのは、老いも若きも参加する以上は、少しでも上位になりたいと思い参加するでしょうし、そうでなければ発表会のドキドキ感や、発表会が持つ独特の雰囲気を楽しむ為に参加するものだと思います。
それには、ちゃんとしたルール・規定をオープンにして誰にでもわかりやすくする必要があるとも感じます。
それに加えて、開会式も無いような発表会は、聞いた事も見た事もありません!

金券チケットの件も、アマチュアの大会ですから現金が欲しければ、プロになってプロの発表会に出場すれば良い話だと 

大会うんぬんよりも、私は大会を運営する方々の人間性を疑う大会になってしまった事は、いがめないです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ