CHASE

全てのルアーフィッシングをこよなく愛する釣バカ

 

CHASE

カレンダー

2020年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

QRコード

ランキング

JRANKホームページランキング
◇釣りの検索◇釣りバカサーチ 総合釣りリンク集「アングラーズ・ネット」

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:enomo
>>釣り好きで釣りが下手さん
私は基本的にアクションはしません。
例外もありますが・・・

まずは!一定速度でリトリーブするだけです。
ただこの一定速度と言うのがかなり奥が深くなってきます。

・一定速度と言うのはリールを巻く速度なの か?
・ルアーが泳ぐスピードなのか?

と言う事なのですが、まずは、慣れないうちは最初の数投はリトリーブを一定にして投げます。
そうするとルアーがやたら重く感じるところや、ルアーが動いてないんじゃないって位軽く成る場所が見つかると思います。
それはもちろんワンキャストの中にも存在するし、扇状に投げて場所によっても存在します。
その違いを分かれば、今度はルアーの泳ぐ速度に合わせていきます。
要するにルアーが重く感じる所はスローにゆっくり巻いたり、時には巻くのをやめて流れだけで動かしたり。その流れを抜けて軽くなったら、ルアーがキチンと泳ぐようにルアーの振動を感じながらリトリーブの速度を合わせるという具合です。

簡単に説明すると引き潮がキツイ場所はゆっくり、潮が緩い場所はルアーが泳ぐ速度に合わせてやるって感じです。

慣れればいちいち確認せずに1投目から無意識にリトリーブを調整出来るようになってくると思います。

ですがこれはあくまでも基本です。

この上記の動作の中にも早引きの場合・遅引きの場合というバリエーションはあります。

それにルアーの性能よっても変わってきます。

この他にも足場の高いポイントなどでバイブレーションやワームを使う場合は、リフト&フォール等のアクションもあります。

他にも相手が自然ですので、色々な方法があると思いますよ!

1投目でアタリがあって、居る場所が分かっている時なんかは、その場所でアクションをいれてリアクションで口を使わせたり・・・

釣って難しいですよね(^^;)
相手が自然ですからね・・・
私なんかでは到底理解できない状況が日常茶飯事です。
だからこそ面白いんですよね。
もしすべてが完璧に理解できていて、すべての魚を簡単に釣る事が出来たら釣りなんてとってもつまらないものだと思います。


と言う言い訳を・・・
投稿者:釣り好きで釣りが下手
ありがとうございます
何度もすいませんが
アクションなどは、どうすればいいのでしょうか?
すいませんが、コレもよろしくお願いします
投稿者:enomo
>>釣り好きで釣りが下手さん
タックルですが、私は海の条件により使い分けます。

波が低い時は8.6f位を使い波が高い時は9.6fを使います。

それと言うのもある程度波がある場合は遠投した時に手前の波でラインがとられて、アタリが分からなくなったりルアーをキチンとコントロールする事が難しくなるからです。

波が無い場合はヒラメも波打ち際ぎりぎりまで接岸する事があるので、近場をよりコントロールしやすい8f前後のロッドを使います。

私の場合遠投するために長いロッドを使うと言うよりは海の条件によりルアーやラインをコントロールしやすいロッドを選択します。

ロッドのテーパー的にはレギュラー位が使いやすいと思います。

ファーストテーパーのロッドは感度が高くアタリやボトムの形状を把握しやすいですが、サーフでの釣りの場合魚をかけて寄せる際に波に乗せて寄せたり、波に魚がのまれたりするとロッドのテンションが抜けやすくバレにつながります。

そのためなるべく、ベーリからバットにかけてベンドが入るロッドを選ればれた方がいいと思います。

ラインは遠投がきくようにPEであれば0.8〜1号位リーダは20lb〜25lb位でいいと思います。

ルアーの方は
・フローティングミノー 9CM〜12CM
・シンキングミノー   9CM前後
・バイブレーション   14g〜24g前後
・ワーム       4インチ〜5インチ
・ジグヘッド     1/2 〜1oz
・ジグ        1oz前後
こんな感じです。
 手っ取り早いのは河口周辺でベイトを目視で探して、扇状にキャスト!
一番ルアーの抵抗が重くなる所を探してそこを重点的にせめてみるといいと思いますよ。
あくまでもヒラメが接岸している事が絶対条件となります。
投稿者:釣り好きで釣りが下手
早速ですいませんが
enomoさんのおすすめのタックルは、どんなものですか?
教えてください
お願いします
投稿者:釣り好きで釣りが下手
ありがとうございます
とても参考になりました
ヒラメを意識し始めたのは
去年くらいなので
ヒラメに関しては
全く知識がなかったので
とても参考になりました
本当のありがとうございます
投稿者:enomo
>>釣り好きで釣りが下手さん

ヒラメちゃんの、釣れる場所は、どのような
ところがありますか?

ヒラメは基本的にどこにでもいます。
というのが率直な答えなのですが、それというのもヒラメはシーズンによって浅場と深場を移動します。

これから秋にかけてのシーズンはその中でもベストシーズンといえると思います。
春の稚鮎の遡上の時期もよく釣れますが、
水温が下がってきた秋がベストシーズンだと思います。
ヒラメの適水温は10℃〜25℃と言われています。それより高くても低くても口を使いづらいので、その範囲ないがシーズンと言えると思います。
またその水温にベイトの接岸が絡めば最高です。
産卵期は南日本が冬から春の2〜3ヶ月間といわれています。

ただ冬場は深場に落ちますので、まったくつれない訳では無いのですが、岸からの釣りは厳しくなります。(小型は例外です。)

と言う事で
ポイントは!って事なんですが、港湾部・砂地のサーフ・ゴロタのサーフ・磯・河口域と至るところにいます。様は条件が揃っている場所がポイントと言う事になります。

具体的には、
・第一条件としてベイトが接岸している事、
・地形に変化がある場所
・接岸のシーズンである事
です。
確か普段は都農周辺で釣りされてたんですよね?

あの辺りであれば、都農周辺のサーフ・耳川河口・名貫川河口・石並川河口・各港がポイントになると思います。

河口を多く取り上げたのは、単にサーフを狙うのは慣れてこないとポイントの見極めが難しいので、河口などの複雑な流れにより様々な変化があるポイントの方が狙いやすいからです。ベイトも多いですしね。

河口でもサーフでもそうなんですが、基本的にはカレント(離岸流)を意識して釣りをします。

これから11月くらいが本番を迎えると思います。
 
ヒラメ釣りに関しても機会があれば動画をupしたいと思います。

私なりの意見でよろしければ、お答えしますのでどんどんカキコしてください。
投稿者:釣り好きで釣りが下手
すいません
ヒラメちゃんの、釣れる場所は、どのような
ところがありますか?
良ければ
教えてください
お願いします
投稿者:enomo
>>鬼D
 いいよねぇ〜!おいしいよねぇ〜!
もうすぐはじまるよ! 
タックルについてはオイラお勧めでよければ今度アップしときます。
NLFPは、もうとっくに取ってあるぞィ!
ところで、例の奴はいつ頃になりそうだい?
投稿者:鬼D
メラヒ〜いいですね。
昔enomoさんから貰った(奪った??)マゴチの味が忘れられません。
たまにはタックルの紹介もしてください。
硬さや長さ、ラインの太さの基準なんかがイマイチ分かりません。
昨日NLFPエントリーしてきました。
もう半分うまってるんで、早めがいいっすよ。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ