2013/3/18

上架・・・  準備&整備

3月16日 晴れ・16℃・SW16kt・・春の陽気になった!

AMに堺出島ヨットハーバーへ回航して、PMにクレーンで上架:(BBS参)

良い風の中を、5年間、強風にもグッと耐えてCon嬢を安定して走らせてくれた「マイラーのNO3ジブ」を揚げてLast Sailing!
(リーチの部分が紫外線や長期連続使用でフィルムが剥がれてボロボロになってしまった・・・・新しくダクロンのNO3ジブを発注しました!)
クリックすると元のサイズで表示します

桜は蕾がふくらんで来て、開花は近そうです!
クリックすると元のサイズで表示します

今日は60tonクレーンが来ていました、4.5tonのCon嬢は軽々と↑
クリックすると元のサイズで表示します

船底はきれいでした、プロペラはペラクリンを塗ってから1年半経過していたので、去年の10月末に潜って掃除して以来だが、かなりカキが付着していました。

クリックすると元のサイズで表示します
この後、水圧鉄砲で洗浄して今日の作業は終了。

日曜日のサンダーは隣の上架艇がハルの塗装作業に入るので埃の出るサンダー作業は遠慮して、キールの錆び落としと、プロペラをピカピカにしてシャフトを抜き、Volvo製のシャフトシールのグリス補充をしました。

**早く作業が終わったので、出島の水路脇にある由緒ある記念碑へ!!
「航空輸送発祥記念碑」・・・今日訪ねて来てくれた大学講師(堺学)のN氏がいろいろ説明してくれました。
クリックすると元のサイズで表示します
大正11年6月・・・日本の民間定期航空輸送発祥の地(当時は単発の水上機なので発祥の海かな!?)
長年、出島に来ていながら、私の職歴にも関連のあるこの「記念碑」に気付かなかったのは恥ずかしい限りです!
関連記事:http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/osaka/feature/osaka1334419086316_02/news/20120728-OYT8T00123.htm

*「スピンナ・ヤーン」の著作者で、大阪大学船舶工学で有名な故・野本教授もここのハーバーをベースに活動していました。
私も、直々にアンカー係留技法を教わったこともありました。

クリックすると元のサイズで表示します
ここ(出島北浜桟橋)からのヨットハーバーの風景です。

**月曜日はまた春の嵐・・・作業は中断です。
1



2013/3/18  13:08

投稿者:こんとれ〜る

今、春の嵐が来てます!
3月は寒冷前線通過が多いですね!?
4月になったら穏やかになってくれることを祈ってます。

2013/3/18  12:45

投稿者:フェニックス

上架整備の時期ですね。
桜も咲きそうですものね。
当方も日曜にはニス塗りをしました
上架整備は4月中頃になると思います
まだ寒いのでそんなには、乗らないと
思います。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ