2016/2/24

YanmarGMエンジンの再生  ENGINE

今、取下ろされたYanmar GMエンジンを3台も預かっている!!

@1GM10:出島ヨットハーバーで廃船処理されたBW24のENG

クリックすると元のサイズで表示します

焼き付きを起こした状態で放置されていたようだ!?

ピストンを外すのに一苦労、再生するかどうかは??だが、日本OPの工場の一角をENG工房として、確保出来たので、のんびりやってみよう!

A2GM20:3YM20に換装したため取り降ろされたENGだが、バラバラにしたら、クランクシャフトが破断していた!?
各パーツは使用可能なものが多いので、自宅のガレージに保管している。

クランクシャフトが見つかれば再生できると思うが・・・!?

パーツを清掃して、ビニール袋に入れて保管中。

クリックすると元のサイズで表示します
このGearBoxは使用可、OilGageの位置が良くわかる。
GearOilの入れ過ぎの良い目安になります!

燃料噴射弁を分解すると・・・ノズルだけ交換する方法もありです。

クリックすると元のサイズで表示します
噴射テストは再生には必須ですが、テスターがないので、私独自のテスト法で後でやります!

燃料Filterはきれいでした!
クリックすると元のサイズで表示します
コン嬢は毎年交換していますが、Oリングも同時に交換すべきですね!

ピストンはヘッドの一部に腐食が見られました、一個は使用不可です!
クリックすると元のサイズで表示します

B2GM20F(間接冷却):3YM20に換装したENGを頂いた!
黒煙を出したり、冷却水ポンプが故障したりで、ENGに不安があったので新品に交換!

クリックすると元のサイズで表示します
一見、きれいで程度の良いENGに見える、吸気口がすすで真っ黒になっているのが気になる。

クリックすると元のサイズで表示します
クラブの倉庫に保管しているが、天気の良い日に引き出して、再生したい。

程度は良いので、完全オーバーホールではなく、
Top O/H:Headを外して、ピストンリング交換、バルブ研磨、Oilシール交換、各種ガスケット交換、噴射弁のテスト、バルブタイミング調整・・・などやってみよう!

クラブの仲間とENGの勉強がてらのんびりやります!
1



2016/3/3  9:51

投稿者:八点鐘 本倉です。

コントレール様、御教授ありがとうございました。
エンジンの燃料ポンプを利用するんですね。
エンジンの項目を拝見させていただきましたが、燃料ポンプを分解するなんてプロ並みです!
小さなヨットのエンジンの噴燃ポンプは部品が細かいので気を使いますね。
当方浜寺でタグボートに乗っているんですが、大きなエンジンほど部品が大きいので分解は簡単です(笑)

2016/2/26  16:32

投稿者:フェニックス

整備と修繕をやってますね

当方はキール 船底 ハルピット ビミニ等を修繕

コントレールさんに 今度エンジン整備をお教え頂きたい

ものです。 4月に本州一周に出港します

http://blog.goo.ne.jp/oni2134

2016/2/25  6:58

投稿者:こんとれ〜る

本倉様、コメントありがとうございます。
噴射テストは、正確ではありませんが目視で判断します。

*噴射弁と高圧パイプを外して、噴射弁が上向きになるように付け直します、燃料系統のair抜きを十分行ったから手回しで噴射させます。
段ボールの板をノズルから20-30cmに直角に置いて、噴射円や勢いを目視でCKします。
左右にアンバランスがあったら、まず噴射弁を入れ替えて、CK。
噴射弁に異常がなければ、ポンプですが、ポンプのO/Hは難しいですが、不可能ではありません。
「ENGINE」のカテゴリーの中で記載していますので参考にして下さい。

この2GM20Fで後日TESTした様子をブログにUPしますのでご覧ください。

2016/2/24  21:41

投稿者:本倉と申します。

拝啓コントレール様
当方、大阪の岡田浦にヤマハ30sU(八点鐘)を置いております本倉と申します。
いつも楽しくブログを拝見させていただいております。
 さて、燃料弁の所で自前の方法で噴射圧の調整をなさるとの事ですが、どのような方法でされるのでしょうか?宜しければ御教授頂きたく宜しくお願いします。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ