2009/11/12

準備/ソフトその@航法  準備&整備

*2地点間を最短で結ぶ場合の効率的な航法はTrack(航跡)を一直線に走るのがベストです。
しかし、海上では様々な要因が絡んできます。
最も大きな要因は「潮流」でしょうね!
明石海峡や鳴門海峡は顕著で5〜10Ktにもなります。
コントレ〜ルの艇速が5〜6Ktなのでこれを無視したらとんでもないことになります!
また、セ〜リング中はリーウェイ(横流れ)や風向きによって、タッキングやジャイビングのジグザグコースがあります。
それに本船を避けたり、流木やホンダワラ(流れ藻の集団)をよけながら走ります。

*暗礁や定置網は海図で事前に確認して航海しているのだが・・・・!?
私の後悔Missその@サントピア沖でのレース後、皆んな疲れきっていて早くハーバーに帰りたい一心で近周りをして、暗礁にゴッツン!!
後悔そのAナイトクル〜ジングで室戸沖、定置網が点在しているのを知りつつもつい町の明かりに近付いて網のロープに乗り上げてしまった。

*航法のソフトはやはり海図が一番かな、(財)日本水路協会でしか手に入らない海図は高価だ!・・・1枚/3000円、今回20枚用意した。(写真)
もうひとつ大切なのはこれも協会発刊の港湾案内図/4000円、5冊用意した。

*航法のバックアップとして最近はGPSが出回っている。
ContrailはGarmin社のGPSにチャートをインストールしたPCを積み込んで行く。
PCはインターネットも出来るようにモバイルします。
さらにGPS付き魚群探知機(測深用)も装備するので安心!

*海霧に入ってしまったときにレーダーが欲しいが、「きり」がないね〜!
ここは「五感」をFullに働かせて乗り切るしかないな!!

*そう、最近緩和された「国際VHF無線機」を装備したい。本船や海保とも交信できる。
3級特殊無線技師の資格がいる、「航空無線士」では免除無し!

今日はここまでにします!
クリックすると元のサイズで表示します
5



2009/11/15  21:55

投稿者:こんとれ〜る

今日の西宮沖は結構吹いてましたね〜!
NO3とフルメインで安定して走れたのにはビックリしました。
タッキングも楽です。
クル〜ジングはNo3をメインに使用し、従来の150%Jibはスペアー用に積んでいきます。

2009/11/15  20:37

投稿者:マドレーヌ

今日のコン嬢はよく走ってましたね、ブローが来てもセールが伸びないからスピードにつながるんです,あとジブシートがマーローのマッドを使われていましたね、マッドは手触りがいいが少し伸びます、32打ちを使えば伸び率がおさえられます。

2009/11/15  15:12

投稿者:ゴッド スピード

あれですねえ、、 途中参加は 新幹線で 近くまで行って あと在来線でこれまた近くへ 行って 最後は Taxiで 落ち合えばいいですね、、きっと
そうそう  思ったのは
PCを持っていくようですから、、
船の 現在位置を 地図上で 表示できるよう HPに地図を 表示できますか?
現在位置が すぐに また よく分かるし、、 
何とか県の 何とか市 どこどこハーバーといわれても ピンと来ないし、、、
いかがでしょうか? 

2009/11/15  15:06

投稿者:ゴッド スピード

堀江さんの本 ”太平洋一人ぼっち”
よかったら 貸しますよ(笑)
読んだ事と思いますが、、、、

2009/11/14  8:49

投稿者:ゴッド スピード

なるほど
そうですね、 そうでした、、

2009/11/13  6:38

投稿者:こんとれ〜る

GPSも手のひらサイズから、いろいろ!
昔から船の方が一歩先に進んでいます。

35年前、B2で東南アジアをチャーターFLTしていた頃、アナログのロランを使って位置確認していた。
当時、本船はすでにデジタルのロランを使っていたのに!
でも当時のContrail(HG33)はアナログのDFファインダーを積んでいたが使用しなかった。

昔、小型機でTrngしていた頃、C172、C303にCKListが無かった。運航会社に要請したら、元々、機長1人で運航するから必要ないっと言われ、自分たちで作ったことがあった!

今度も1人が基本なので何があっても臨機応変にやります。

2009/11/13  6:13

投稿者:ゴッド スピード

もう随分 準備進んでいますね、 すごい。
Chartも買いましたか すごい、
GPS付きの Chartの PC、、、すごいなあ、

飛行機みたいな
EmergencyCheckListがいるかも???

緊急時のFlowChart、、CrossReferenceCheckListみたいなのは、、、、、?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ