2019/3/25

長航会講演と新西レース  ヨットクラブ

穏やかな3月の週末、長航会(長距離航海者懇話会)の関西大集合での講演会に参加。

クリックすると元のサイズで表示します
会場は新西ヨットハーバーの2F会議室

1番目はIYC同僚のMarch/漆川さんの「南太平洋航海記」!!

クリックすると元のサイズで表示します

BGM付きの解説はとても楽しませてもらった!

2番目は地中海で46ftのヨットを購入して、春から秋まで毎年、地中海クルージングを楽しんでいる西宮在住の若尾ご夫妻の、ご婦人の「女性目線でのクルージング」

・・・きれいな地中海の景色と料理、特に女性に進んでヨットに乗ってもらうために必要なことは・・・とても参考になりました!

3番目は、尾道海員養成所・機関担当講師の「エンジントラブルの対処方法」

今、ボクが直面しているエンジントラブルに目からうろこ!!

改めて、エンジンの維持管理に必要なポイントは!

デイーゼルエンジンのメンテは・・・
・エンジンオイル・・・高価なオイルでなく、普通で良い、同一規格のオイルをこまめに交換する。オイルの消費期限は製造から3年、安売りしているオイルは消費期限が近い物なので要注意!

・冷却水・・・水温アラートが鳴ったらすぐに停止せず、アイドルで冷機運転してから停止、もし停止スイッチで止められなければ、デコンプがないものはエアインレットを塞げば止まる。
排水が少ない原因はいろいろあるが経路を辿って探索していけば解決する。
インペラは欠けていなくとも2-3年で要交換。

デイーゼルエンジンの発火は・・・
・圧縮と燃料噴射で発火する!両者がピタリと合わなければ点火しない。
 寒冷期にはドライヤーでエアインレットのエアを暖めるとかかり易い!

・・ボクの質問に明快な回答を頂いた!
 →過回転原因は?・・・エンジンオイルも関係あり、粘性がない/希釈になるとガバナーとスプリングのバランスがくずれる・・・
 →希釈になる原因は燃料漏れでは?・・・大いにありうる、ポンプに限らず、シリンダーの中でも燃料は噴射している・・発火しなければピストンリングから漏れる!

・・・素人が独学で取り組んでも限度がある、この養成所に入学しようかな!?

4番目はドローンプロの「ヨットを撮る最適なドローンと飛行方法と規制」

・・ドローンの特性がわかって興味深かった!

クリックすると元のサイズで表示します

最後まで講演を聞いていたメンバーの集合写真!
あれ!サクラが多い様な!?・・・4時間・充実した内容でしたよ!!

*終了後、ジョイントカーニバルの大パーティーがあったのだが、自治会の最後の「防犯パトロール」で帰宅です。

日曜日はジョイントレース、大阪湾のいろいろなヨットハーバーからレースに集まってきた!
ボクもMarchに乗ってレースにエントリーしていたが、外国籍でかつ外国のヨット保険とのことでレース委員会からエントリーを受理されず、仲間を応援に行くことになった!

クリックすると元のサイズで表示します

最初はクルージングクラスのスタート!
30分後にレーシングクラスのスタート!
クリックすると元のサイズで表示します

クルージングクラス3番目の好位置で3レグを快走する「Windmill」

クリックすると元のサイズで表示します

**この春のレースはコントレールも10年前まで毎年参加していたが、回りが大型化してきたので、参加を止めたがクルーでの参加もありかな!!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ