ゴリ巻きスタイル 

「ドラグきつめのゴリ巻きでストラクチャーから引き離せ!」と言っていたのも今は昔、
ゴリ巻きさんは老いてしまいました。
時々、安全第一のフィールドに出かけてます。

 
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:gorimaki
tsさん

はじめまして。
そしてコメントありがとうございました。

エステルラインはお試し程度の使用経験です。恋愛経験で例えるなら中学1年生くらいでしょうか。
拙い経験から無理やり結論を捻りだしますが、私の未熟な技量ではその恩恵を感じられなかったのが率直な感想です。
エステル素材を選択する基本的なメリットデメリットは恐らくご存じでしょうから割愛させていただきますが、未熟者でも恩恵を十分に受けられるライン素材を選ぶことで、どうにか遊べているというというのが私の実情でございます。
ただ身近な友人には極軽量リグをゆっくりゆっくり馴染ませながら10m以上深いレンジまで到達させて狙う釣りでエステルラインの恩恵を受けているアングラーもいます。
技量と攻め方のスタンスにビシッと決めれば、きっとエステルの恩恵を感じられるでしょうが、私にはまだまだ難しいようです。


https://sea.ap.teacup.com/delsolbeat/
投稿者:ts
いつも、釣行の参考にさせていただいています。
突然で恐縮なのですがごりまきさんは、エステルラインを使ったことがあられますか?最近は、いろんなメーカーが出していて、どれが良いか迷っています。一長一短あるのでしょうが、アジング用にトラブルが少なく結束や強度が高いものを求めています。よろしければ、アドバイスをお願いします。ご友人のご意見などもお聞きしてみたいです。
失礼しました。

アマゾン

ナチュラム

ブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ