東海道・九州ブルトレ ついに終焉

2009/3/12 | 投稿者: 7000系元白帯車

明後日3月13日のJR各社のダイヤ改正で、最後まで残っていた東海道・九州ブルトレである「富士・はやぶさ号 熊本・大分」行きが廃止となります。
1990年代半ばより始まった東海道・九州ブルトレの削減は2005年から速度を増し、ついに明日、富士・はやぶさで長い歴史にピリオドを打つことになります。
東北、北海道方面へ向かうトワイライトエクスプレス、カシオペア、北斗星、あけぼの、北陸方面へ向かう北陸は本数、両数を削減されながらも、客車の老朽化が問題になっているものの、飛行機との競争を完全に捨てて“スローライフ”を意識し、まだまだ頑張っているというのに・・・
なぜ一本でも良いから残しておかなかったのでしょうか・・・ やはり新幹線命のJR●海が絡んでいるからか・・・
最近は横浜駅や名古屋駅などでの富士はやぶさ撮影目的のファン同士の罵声合戦が問題になっていますが、最後ぐらいは「ありがとー!」などの歓声のみで見送ってほしいですね。
名駅時刻表22時47分富士はやぶさ
名駅時刻表22時47分富士はやぶさ posted by (C)7000系元白帯車
0



2009/3/14  19:03

投稿者:7000系元白帯車

コメントありがとうございます。
今朝の中日新聞のトップを飾りましたが、本当に凄い人だったのですね・・・。名古屋駅はホームの端は人で埋め尽くされていたようです。
ちなみに私は感慨にとられ、尾張一宮駅前で雨の中見送りました。
地元を通るブルトレはこれが最後か・・・と。
新型機関車が導入される予定の東北・北海道ブルトレはまだまだ頑張ってほしいですが、車両がネックです。

http://sea.ap.teacup.com/dorass/

2009/3/14  12:28

投稿者:銀河FXR

まるこめZさん、大変お久しぶりです。

JR名古屋駅からはブルートレインばかりでなく、今回のダイヤ改正では定期夜行列車の名古屋駅営業停車も完全に消えることで、かなり激動と言えます。

さらに、急行“つやま”の廃止で、国鉄時代から続いた昼間の定期有料急行もJR全社とも全廃となり、残りは夜行の3列車だけになり、そろそろ快速の一部を“急行”に改称する準備も考えたらどうか?と思いますね。

ブルートレインは寝台料金が高過ぎ、これが客離れを招いたと思います。今後いずれ、夜行列車はすべて予定臨時列車になりそうな気もしますが、そういう中、“北斗星”“カシオペア”新幹線とは並行しない“あけぼの”などはEF510型に牽引担当の電気機関車を置き換えて残したいとか……。車両をカシオペア並みに豪華にするか?あるいはサンライズ寝台電車並みの新しい客車を造って多客期だけの運用にし、料金を安くする工夫しかないと私は思いますね。もはや交直流両用の新たな寝台電車のデビュー機会はないと思います。

最近は、名古屋の市バス新車(特に三菱ふそう製)の追跡に追われて、ここ暫くは鉄道の話題からやや離れていましたが……。

私のブログでは、あの“人工衛星”問題にも触れておきましたよ。ホンマに怖いですねぇ……(苦笑)

2009/3/14  1:18

投稿者:まるこめZ

はじめまして、というか、
以前は河FXRさんの掲示板にちょくちょく出入していたことがあります・・・。
とうとう九州ブルトレが消えてしまいますね。
新幹線や航空機の発達といった時代の流れもさることながら、
旅客4社にまたがって走るというのが衰退の原因の一つではないかと僕は思いますね。
ダイヤの調整がそれだけ難しいわけですから・・・。
もしJRが全国一社方式だったら、
九州ブルトレもまだ残る道があったのかもしれません・・・。
あ、それから、他の記事でも見受けられますが、
JR東海ばかりを一方的に非難するのはいかがなものかと・・・。
今回の九州ブルトレ廃止の第一級戦犯は、
直接の担当でありながら体質改善を怠り漫然と走らせ続けた
JR九州ではないでしょうか・・・。

http://blogs.yahoo.co.jp/marukome_z2630

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ