ダイヤ改正後の運用は?117系特集 車内

2009/3/13 | 投稿者: 7000系元白帯車

続いて車内編です。
117系というと木目の化粧板、落ち着いた車内配色が特徴でしょう。この内装は名鉄6500系などにパクられましたw
117系車内
117系車内 posted by (C)7000系元白帯車

※間違い探し
1982年製造の0番台のボックスシートです。
117系0番台ボックスシート
117系0番台ボックスシート posted by (C)7000系元白帯車
1986年製造の100番台のボックスシートです。
117系100番台ボックスシート
117系100番台ボックスシート posted by (C)7000系元白帯車

※答え
・勿論窓のタイプ
・灰皿跡
・座席のタイプ(100番台はバケットタイプ)

あと、編成によって床敷物の色が違うようです。

座席番号のプレートはなんと網棚の枠にくっついてます。
117系網棚座席番号
117系網棚座席番号 posted by (C)7000系元白帯車

昭和の旧国電なら普通にあったシートカバーの広告入れです。もう珍しいものとなっています。現在も広告主を募集しているそうですが・・・
117系シートカバー広告入れ
117系シートカバー広告入れ posted by (C)7000系元白帯車
0



2009/3/15  1:43

投稿者:Mujon

117系の半自動機能は、冬の季節風がすこぶる強い、湖西線堅田駅以北での使用を考慮したものです。


ところで車体が重く加速度の低い117系ですが、関西新快速運用から降りた編成には、6連に中間M車2両を入れて8両編成となった編成がありました。

中間M車6両全てが動力車という、6M2Tのすこぶる強力な加速を見せていましたが、さすがに無駄だったのか、暫くして2両はモーターカットで、平凡な加速に戻ってしまいました。その後は8両編成自体がバラされています。

http://kisomitake.blog.ocn.ne.jp/

2009/3/15  1:43

投稿者:Mujon

117系の半自動機能は、冬の季節風がすこぶる強い、湖西線堅田駅以北での使用を考慮したものです。


ところで車体が重く加速度の低い117系ですが、関西新快速運用から降りた編成には、6連に中間M車2両を入れて8両編成となった編成がありました。

中間M車6両全てが動力車という、6M2Tのすこぶる強力な加速を見せていましたが、さすがに無駄だったのか、暫くして2両はモーターカットで、平凡な加速に戻ってしまいました。その後は8両編成自体がバラされています。

http://kisomitake.blog.ocn.ne.jp/

2009/3/14  19:09

投稿者:7000系元白帯車

コメント有り難うございます。
117系にはそんな機能が隠されていたのですか!?
今は大垣〜米原のローカル区間に閉じこめられているようですが、波動用としての活躍も見られるようですね。
画像はフォト蔵のサーバーが時々狂うので・・・

http://sea.ap.teacup.com/dorass/

2009/3/14  11:44

投稿者:Mujon

117系は1980年の関西地区新快速用で投入以来のおなじみ車両です。

二扉の功罪は色々ありますが、車内の雰囲気はどこか長距離列車の風格を備えたものでした。1990年からは夜の米原行き新快速が運転され、帰りも在来線を使うようになって、一層そんな雰囲気を感じたものです。


さて名古屋地区投入の117系ですが、聞くところによれば、本来備えてある扉の半自動機能が外されているそうですね。冬の大垣〜米原間で使用する際には是非とも必要な機能なのですが。風があると車内にまで雪が降ってきます。

現在は4編成が大垣〜米原間の折返し運用に入っています。この間は旅客流動がそれほど多くなく、駅間所要時分も余裕がありますので、重い車体ながら2M2Tの二扉車に合う仕業ですね。


ところでこのブログ、昨晩見た時は画像が出てましたが、今朝になってなぜか画像が表示されていません。サーバーに何かあったのかな。

http://kisomitake.blog.ocn.ne.jp/

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ