岐阜駅中ホーム段差

2009/5/31 | 投稿者: 7000系元白帯車

JRの岐阜駅3・4番線ホームは主に高山本線を走る気動車が発着するため、気動車の車高・ステップに合わせてホームが低く造ってあります。
しかし運用によっては岐阜駅始発の普通電車も発着するため、このような段差が生じてしまうことがあります。JR東海では交通バリアフリー法が出来る以前の1990年代末からホームの嵩上げを行っており、現在では電車が通る管内のほぼ全ての駅のホームが高くなっているので、こんな段差を見ることは珍しくなりました。
まあ名鉄では何にも珍しくないんですがね(汗
岐阜駅3・4番線ホーム段差
岐阜駅3・4番線ホーム段差 posted by (C)7000系元白帯車
0



2009/6/2  21:39

投稿者:7000系元白帯車

コメントありがとうございます。
確かJR東海管内でも、紀勢本線南部や飯田線北部、身延線あたりが汽車用ホーム高だったはずです。
名鉄でも最近は主要駅で1100mmにかさ上げする工事が進んでますね。

http://sea.ap.teacup.com/dorass/

2009/6/2  2:00

投稿者:Mujon

高山線ホームは旧国鉄規格の「共用ホーム」ですね。
共用ホームは、電車ホームと汽車ホームの中間ぐらいの高さで、
レール面上920mmです。

国鉄時代は電車ホームというと国電区間ばかりで、他は共用ホームが殆どでした。

電化される前の関西本線弥富駅に乗り入れていた名鉄尾西線、
弥富駅ホームがレール面上760mmの汽車ホームで低く、
尾西線車両に乗り込むのに一苦労でした。
当時は私も子供でしたし。(もし今あっても大変でしょう)

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ