笑点でお馴染みの三遊亭円楽師匠が死去

2009/10/31 | 投稿者: 7000系元白帯車

一昨日29日朝、今年で放送43年目の日曜夕方の人気番組「笑点(日本テレビ系)」の司会者としてお馴染みだった三遊亭円楽(本名:吉川寛海)さんが76歳で亡くなりました。

円楽師匠は1966年の「笑点」放送開始から解答者として出演、1977年に一旦降板するも、1983年からは司会者として復帰。日曜夕方のお茶の間を楽しませてきました。
しかし2005年に脳梗塞を患い2006年に笑点を降板、2007年には落語家も引退しました。肺ガンなども患い、最近またも脳梗塞を再発して、随分苦しい最期だったことが伺えます。来年春に6代目円楽を襲名する三遊亭楽太郎さんを始め、笑点で共演していたメンバーも大変ショックを受けているようです。

わたし自身も日曜夕方と言えば笑点にサザエさんだったので、円楽師匠の名調子も幼い頃から楽しませてもらいました。今でも歌丸師匠司会の笑点を乗り鉄帰りの電車内でワンセグ携帯で楽しんでいます。

お悔やみ申し上げます。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ