プロ野球トライアウト開催も・・・

2009/11/26 | 投稿者: 7000系元白帯車

一昨日、プロ野球12球団合同トライアウト第2回目が神宮球場で開催され、各球団から戦力外通告を受けた16選手が参加しました。
しかし各球団の評価は厳しく、誰一人として球団から声を掛けてもらうことはありませんでした。
中には横浜の1999年ドラフト一位・(愛知)豊田大谷高校出身の古木克明選手(29歳・現オリックス)や、2004年に当時15歳で阪神に入団した辻本賢人投手(20歳)の姿も・・・。
古木なんか絶対に2002年の成績を見ているとイケる!と思ったんですがね。現に私もその年、ナゴヤドームで彼の特大のホームランを見ました。
まだ野球がしたい!という思いでトライアウトを受けた選手たち、とてもかわいそうなんですが、これがプロの厳しい実情なんでしょう。
0



2009/11/28  21:04

投稿者:7000系元白帯車

コメント有り難うございます。こちらでは久し振りですね。

今岡も2005年に打点王を取っており、まだまだ年齢的にも十分に活躍できる選手なのですが、阪神の若手の選手層の厚さに阻まれてしまったんでしょう。

首脳陣に嫌われている選手・・・というと、中日の中村公治選手でしょうか。二軍戦で首脳陣批判をして以来評判が悪いとか・・・。



http://sea.ap.teacup.com/dorass/

2009/11/26  22:36

投稿者:羽島駅

厳しいですよね〜
クビになる選手はいろいろ事情があると思います。
本当に戦力にならないと見切られた人、
首脳陣に嫌われてる人など・・・
ロッテに声をかけられた今岡なんて、何でクビ?と思いました。野村さんがまだ監督だったら自分が取った選手だから取りにいったのかななんて思ったりしてます。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ