阪神・金本の連続フルイニング出場は1492でストップ

2010/4/20 | 投稿者: 7000系元白帯車

広島在籍時代の1999年の7月からフルイニング出場を続けていた“兄貴”こと、阪神の金本知憲選手(41)が、打撃不振や守備の乱れの為に真弓監督に直訴し、4月18日(日)の横浜戦(横浜)で、遂に先発メンバーから外れました。

これにより、自身が更新し続けてきた世界記録である“連続フルイニング出場”試合数は1492で止まりました。

昨シーズンの序盤は非常に調子が良かった金本、しかし終盤にはかなり疲れも見られて打率を落としていました。
今年は開幕から打率も規定打席到達者の中で最低。守備においても悪送球が目立つなど、痛々しい場面がありました。

あと8試合で1500試合連続フルイニング出場ということで、球団は記念グッズの発売を予定していたのですが、全て幻となりました。

・・・しかし、18日の試合、本日の試合共に代打で登場しているので、“連続試合出場”の記録は継続されていますが、こちらの世界記録は元広島の衣笠祥雄氏の2215。現在の金本の記録は1600試合ちょっとということで、記録更新にはあと5年ほどかかる見通しですが、どうなんでしょう?

0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ