小牧線の日常

2010/8/15 | 投稿者: 7000系元白帯車

小牧線の日常
もうちょっと早く来てれば7000形撮れたのになぁ
DSC01095
DSC01095 posted by (C)7000系元白帯車

こういう里山を見るとホッとしますね。
DSC01136
DSC01136 posted by (C)7000系元白帯車

右の看板が・・・
DSC01135
DSC01135 posted by (C)7000系元白帯車
0



2010/8/20  20:56

投稿者:7000系元白帯車

コメント有り難うございます。

何せどんどん80年代、90年代が遠くなってしまい、さらに当時はネットやデジカメもなく、貧乏人の私は気軽に写真も撮れるような環境じゃなかったので記憶がどんどん消え去っています。

脳内の記憶を穿ってみたのですが、一度3100系を見たような・・・って感じです。
夕方なんかは7700系+5300系みたいな運用もあって本当に面白かったですね。

http://sea.ap.teacup.com/dorass/

2010/8/18  21:59

投稿者:旧3304F

こんばんは。
確かにいもむしは最後までいましたね。モ800も小牧線が最後でした。5500も定期運用では最後までいましたね。

6800系は、たまに金魚鉢をみることもありましたが、鉄火面が多かった気がします。夕方は6500を見ることもありましたよ。6Rは20年前からは夕方以降だけ入っていました。朝は7300又はSR車が4連で犬山から、小牧機織は、小牧駅地下化当時は73002連も入りましたが、満員となるためずっと3300でした。
3Rが入線したのは見たことがないですね。

サンライズ出雲・瀬戸さんのおっしゃるとおり、300系の千鳥配置は3150系以降のモデルとなりましたし、本線では収容力不足とされましたが、小牧線ならば快適で、理想的な配置です。

2010/8/18  21:39

投稿者:7000系元白帯車

コメント有り難うございます。

○旧3304Fさん
こちらこそです。
確かに80年代末期〜00年頃の小牧線は面白かったと記憶しています。
やはり印象に残っているのは小牧線が主な活躍の場だった3300系、“いもむし”こと3400系です。
逆に6800系とか3100系って入ってましたっけ?

○サンライズ出雲・瀬戸さん
あのロング・クロスの千鳥配列は後の車両の車内構成にも繋がっていますからね。
その点は評価すべきです。

http://sea.ap.teacup.com/dorass/

2010/8/18  0:00

投稿者:サンライズ出雲・瀬戸

300系もしっかりした車輌なので乗り派にも向いている。
300系がなかったらエコトレもなかった。

2010/8/17  23:10

投稿者:旧3304F

管理人さん、初めまして。もう何年も拝見していますが、コメントするのは初めてです。よろしくお願いします。
私も25年以上の小牧線ユーザーで、管理人さんのご実家周辺もわかります。
それにしても、快適ではありますが、300系時々7000系というのは楽しみがありませんね。HL車が小牧を折り返し、犬山へはモ800+AL車2連の時代、旧3300と7300の冷房AL全盛の時代、5500、5300、7700が本線から回っていた上飯田連絡線開通直前の時代の、車両の楽しみが懐かしいです。瀬戸線ユーザーの方もやがて同じ思いを抱かれるのでしょうね。快適性向上の代償でしょうけどね。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ