3歳児が名鉄線路脇の側溝で死亡

2007/5/22 | 投稿者: 7000系元白帯車

ソースはココをクリックしてください。

21日午後2時頃、愛知県豊川市の名鉄名古屋本線線路脇の側溝に、事故現場から200メートル離れた同市に住む松井友樹ちゃん(3)の遺体が発見されました。
母親が目を離した隙に友樹ちゃんは家から出て行き、警察に捜索願を提出。遺体は警察が発見しました。
ソースの内容では事故と事件の両面で調べている、とありますが、どうやら友樹ちゃんから電車と接触したような傷が発見されたほか、電車の床下機器に血痕のようなものがあったそうなので、どうやら友樹ちゃんが柵の中に立ち入り、走行中の電車に接触したようです。
友樹ちゃんは毎日のように線路脇に電車を見に行き、1人で勝手に見に行くこともあったそうです。
残念な事故です。
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ