駅舎南側から解体が進む尾張一宮駅

2007/6/27 | 投稿者: 7000系元白帯車

本日午後は休みを取ったので、夕方に解体が進行している尾張一宮駅駅舎の写真を撮ってきました。

駅舎の南側から解体が進み、七夕交番のあったあたりは瓦礫の山となっています。
クリックすると元のサイズで表示します

いつの間にか時計の針やLED看板なども撤去されて、解体を待つばかりとなっています。この状態が見られるのもあと僅か・・・
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ