光市母子殺害事件犯人の元少年に死刑判決

2008/4/22 | 投稿者: 7000系元白帯車

山口県光市で1999年に会社員本村洋さんの妻子(弥生さん=当時23、夕夏ちゃん=11ヶ月)を殺害したとして逮捕された当時18歳の元少年(27)の差し戻し控訴審が広島高裁で行われ、一審の求刑通り死刑判決を出しました。
傍聴券26枚を求めるために集まった人はなんと3886人で、混乱を避けるために警察も出動したそうです。
まあ、判決通りなんですが、またあのクソ弁護士軍団率いる白髪髪の毛ボサボサクソジジイ・安田好弘はまた「少年はわざと殺したわけではない」とか無理無理な弁護をして最高裁に上告すると言っていますが、まあ棄却されるでしょう。いつ2ちゃんねるとかで弁護士軍団の殺害予告が出てもおかしくないです。
もう事件から9年経っているにも関わらずまだ裁判で揉めており、本村洋さんも疲れているでしょうし、犯人を生かしておく金も私たちの税金が使われているので、さっさと死刑執行してほしいです。中国ならもうとっくに死刑されているのだが・・・
3



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ