恵日山真光寺 ブログの間

ようこそ真光寺ブログへ。
初めてデザインを変更しました。
目指せ1000記事投稿!(2019・10月6日現在872本)
なむあみだぶつ  

 

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:管理人・釋 世雄
お返事遅くなりました。

団塊の世代以降の人々(近代的教育を受けた人々)には、とにかく宗教が非合理なものとして受け入れられています。

いかに伝えていくのかに腐心しています。往生浄土といっても全くのお伽噺で、池上氏も言われているように、死とは体の分子が拡散してまたどこかで結合するといえば合理的説明がつくので受け入れられるという点には複雑な思いがいたしますね。

宗門ではこのあたり、どのような見解・大局を持っているのか・・・次世代が不安です。

投稿者:釋證眞
「ありがたさ」より「わかりやすさ」、確かにそうですよね。

いかに有難い内容の法話であっても「有難いと感じるポイント」が分からなければ、有難いと感じる筈もない訳で…

世間はまず「そもそも論」を欲しているのではないかと、そう思います。

そもそも仏教とは何なのか。
そもそも阿弥陀仏とは何なのか。
そもそも浄土とは何なのか。
そもそも往生とは何なのか。
そもそも私とは何なのか。

極端な話ですが、葬儀の法話で「故人は往生浄土を身を以て私達に示され…」といきなり説かれたところで、ほとんどピンと来ようがないのです。

ここのところで、お坊さんの日頃の「雑談」が活きてくると思ったりもします。
要は「つかみ」が大切ですよね。何にしろ。

http://blog.ap.teacup.com/syaku-syou-sinn/

カレンダー

2020年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ