やさしさにいつでも逢える

 
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:tami
kuniちゃん
きっと ご参列の皆さんの 心に残る音色だったと感じてます
この日は 真夏日で風もなく 多くの参列者は大変だったと思いますが
開式から 大勢の御寺院方の読経唱和が 静まりかえった本堂と境内に響き渡り 本当に厳かな お式でした
個人的にも ご詠歌は好きなんですよ・・・
お祖父様も きっとご詠歌の流れる中 安らかに旅立たれたと思います
偶然かもしれませんが そこに お祖父様のご遺徳を感じずにはいられません

体調があまり良くないようですが
気を付けてくださいね!
たまには ゆっくり休んでね・・・(^_-)-☆
投稿者:kuni
お別れにお寺の境内で聞こえるご詠歌、染みいるものがあります。
自分の祖父の葬儀、維那を勤められた尼僧様はご詠歌の先生でした。ちょうど葬儀の行われた寺院では、ご詠歌の大会が行われるご予定だったようで、祖父とのお別れを終え、葬列を組んで霊柩車まで向かうとき、数十人のご婦人が山門でご詠歌を奏でてくださいました。偶然の産物ですが、忘れることが出来ない響きで、今での心に残っています。
tamiさんがご担当されたご葬儀に参列された方々にも、形見の音色としてお心に残っていくことと思います。思い出が形見となりますように。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ