リバーシーバスフィッシング、2005年頃からはじめた。 これまで色々な釣りをしてきたが当時の自分は釣りと言う事を何も考えずにただ漠然とやっていた。 しかし、シーバスフィッシングをはじめて次第に考えが変わってきた。 ポイント移動で釣果が左右すること、経験や考えで釣果を上げられること、気が付けば完全にはまっていた。 今となっては釣行が日課になっている。 しかしなんと奥が深いのだろう、一生かけてこの釣りを完全にマスターできるのだろうか? いや!無理だろう。 自然が相手、かなうはずもない。 だが、無理だと言ってやめられない! それほど自分にとってシーバスフィッシングには魅力があり離れられないことなのだ。 この歳になってこんなにも楽しい事を見つけたこと、釣りという事を心から楽しめることをとても嬉しく思う。 

2010/3/2

荒川釣行  MAIN REPORT









久しぶりの更新になってしまいました














最後の書き込みからこの更新までの釣行をまとめて書きます














まず、2月13日 中流域のバチパターン、ピース100で!!














クリックすると元のサイズで表示します

65cm位














この後、コモモスリム130でヒットするが無意味な強引なファイトによりフックが伸びフックアウト














2月14日 フィッシングショーの帰りに荒川のメジャーポイントへ














水面を見るとアミが結構いるが流れが効いてるのが結構遠い














しばらくマリブやローリングベイトで明暗部を探ってみるがやはり距離が足りなくバイトが出ないので流れが効いてる沖へザブラバイブ20gを超ロングキャスト!!














イメージはアミパターンでは無くハゼパターン、着低後ショートストロークのリフト&フォール














明暗から少し暗い側へ入った所、1投目でヒット!!














クリックすると元のサイズで表示します

74cm














口の中にはアミとハゼが入っていた














2月19日 上流部へ














満潮からの下げ、バチパターン














自分がここで使うバチパターンのルアーは主にカーム110、ピース100、コモモスリム130である














下げだしてしばらくするとバチが少し流れてきたがボイルなどはまだ見受けられない














そして、下げだしてから2時間ほどバチが増えてきたタイミングで橋脚のヨレのライン上で少しボイルが出始める魚数はおそらく少ない














この場所は真正面に何かは分からないがストラクチャーがある。そして正面右には瀬があり下げ潮の時に橋脚のヨレがその上を通過する














そして、ルアーローテーションしながら瀬の上、ストラクチャーの上にルアーをドリフトさせる














しばらくキャストしていると水面がもじょっとなったと同時に














がつん!!














クリックすると元のサイズで表示します

53cm














同じパターンで














クリックすると元のサイズで表示します

68cm














最近タックルを購入しました、しかしこれによってまた課題がふえてしまいました。
詳しくはITEMにてアップしようと思います。



























































1

2010/3/11  20:30

投稿者:kikanbou
ばんわ〜^^ノシ
早速、拝見させて頂きましたわ。

これからノンビリblog遡上させて貰いますねw


ではでは…ノシ

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ