2011/3/15

出港していく漁船団  ★ノンジャンル

先日起きた東北関東大震災。
地震直後、内地の妹から電話があり、
「地震で津波警報が全国に出てるよ。」と
連絡を受け初めて知った。
海笑丸を港に係留してあったので、
津波の到着時刻を調べてから港へ向かおうと
思い、テレビをつけた。そしてその画面に
映っている光景に我が目を疑う。
念には念のため、海笑丸を陸上げしておいたが。

翌日も一日中、テレビは震災情報。
朝8時過ぎ、再び目を疑った。あの大津波のあと
港から出港していく十数隻の漁船団の
光景が取材ヘリからの映像に映し出されていた。
憶測でしかないが、たぶん地震直後、
出漁に出ていた仲間の捜索のためか。
果たして自分にも同じことが出来るのだろうか・・・。

ただえさえ、陸は壊滅状態。
おそらく出港時に船長たちが目にしているものは、
自分たちの想像を絶するものだったはず。
悲痛な思いで出港していっただろう。
この事態に出港するということは、
大きく危険に自分の身をさらすことになる。
同じ漁業者として、思い知らされた映像だった。

毎日震災の居た堪れない映像が流れ行く中、
自分は震災の翌朝、目にしたあの漁船団の
出港していく光景が今だ目に焼きついている。

今回の震災・津波によって亡くなられた方々、
心よりお悔やみを申し上げます。
被災された方々、これからのことを思うと
計り知れないほど大変だと思いますが、
どうかどうか頑張って生きてください。

クリックすると元のサイズで表示します

にほんブログ村 グルメブログ 魚・海鮮へ
にほんブログ村



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ