2011/5/14  8:52

昨夜から  短歌

〈深夜1時半から早朝にかけて〉
たえまなき病父の叫び 衆生(ひとびと)の苦と思惟(しゆい)して 仕え奉らん

〈早朝の浄行に参加して気づく〉
誓うとも同じ過ち繰り返す 切り替え切り替え 初志貫かん

〈浄行中、み仏の大慈大悲のみ心に触れて。「過去無量劫のみ魂」という言葉に、「永遠の過去から現在に至るまで、生死、怨親の区別なく、出会わせて頂いた全ての魂」を表し、感謝を込めて〉
無限なる大慈大悲のみ心に 導き給え 過去無量劫(かこ)のみ魂(たま)を

〈帰宅後、一緒に読経して〉
ありがたや 病床の父と読経せば 表情和らぎ 優しさが戻る
3



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ