2011/5/27  9:21

親孝行のときを得る  短歌

「やめてよ!」と妹割って入る父子 今は温和なときが過ぎ行く
反発し回し蹴りして不登校 すねかじり息子が寝顔に見入る
み仏のクモの糸にて救われし バラバラ家族に和合の華開く

人生の「卒業」迫り来る父の 名前で「宿題」提出せんとす
年賀状 父に代わりて厚意謝し 「今後の挨拶」遠慮するなり

〈午前中、夢見心地の父の手を握る〉
「このままで1時間ほど寝かせてよ」 涙溢れて 有り難さが染む

み仏に承りし孝行の 時間(とき)の重みを噛み締めて生きる 

 
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ