2016/9/13  12:31

「淡路国沼島巡礼の旅」詳細日程発表!  金子貴一同行シリーズ国内編

2016年10/14(金)夜〜16日(日)
『金子貴一同行 淡路国沼島巡礼の旅』詳細日程

Uno Music Tours 手配!催行決定!満員御礼!
お申し込みは締め切らせて頂きました!

(2016/10/11訂正)

 淡路島とその沖合の小さな島、沼島を巡り、神話における日本列島の起源に迫ります。

 「記紀」によると伊弉諾尊・伊弉冊尊の二神が天上の「天浮橋(あめのうきはし)」に立って、「天沼矛(あめのぬぼこ)」をもって青海原をかきまわしてその矛を引き上げたところ、矛の先から滴り落ちる潮が凝り固まって一つの島となりました。これがオノゴロ島で、二神はその島に降りて夫婦の契りを結んで国産みを行いました。初めに造られたのが淡路島で、その後次々に島を生んで日本国が造られました。

 そのオノゴロ島の最有力候補がこの沼島です。沼島では、おのころ神社の例大祭に島の人々(人口約500人)と参加して、日本神話の源(みなもと)に思いを馳せます。

•集合:明石キャッスルホテル裏玄関前 10/15(土)7:00
(7:30→7:00に変更になりましたので、ご注意下さい)
•解散:JR新神戸駅前 10/16(日)18:10頃
•途中離団参加自由。
•参加費用:49,800円(最少催行人数10名)
8/18、催行決定致しました!
•男性4名様、女性10名様(計14名)限定(宿の関係で)


•10/14(金)

前泊は明石キャッスルホテル、または、その付近でお願い致します。
各自手配。必要な方は手配致しますので、ご相談ください。
例えば、東京からの終電は、JR東京駅発21:23、JR明石駅00:39着です。ホテルまで徒歩3分。

•10/15(土) 専用バスでの移動距離119km。朝食•昼食自由。

専用バスにて、明石キャッスルホテル裏玄関前発 7:00==(33.8km, 45分)==天王の森(早良親王が最初に埋葬された場所)==(5.3km, 17分)==常隆寺(早良親王の旧菩提寺)==(17km, 35分)==淡路国一宮•伊弉諾神宮==(24.2km, 30分)==淡路国分寺宝積寺(淳仁天皇位牌安置)==(6.6km, 14分)==淳仁天皇•淡路陵と皇太后•当麻夫人の墓=(23.2km, 51分)== 日本5大修験のひとつがあった諭鶴羽神社==(8.3km, 31分)==土生港着16:00、16:30発==沼島汽船で10分==沼島港着16:40(島内の移動は全て徒歩となります。徒歩10分)==宿にチェックイン==(徒歩20分)==おのころ神社例大祭宵宮祭(18:30〜20:00)参加==宿。

※雨天の際には、沼島八幡神社でお祭りが執行されます。

民宿•割烹しらさき泊。最大5名様までの男女別相部屋となります。
ご夕食は、もどりハモ•フルコース料理をご賞味ください。
苦手な方は、魚料理や肉料理への変更も可能です。
日本調理士協会副会長で、総理大臣賞を受賞した料理長が腕を振るう料理です!

•10/16(日)
 
06:04頃(日の出)、希望者は、日の出に映える上立神岩(港から徒歩20分)を見学に行きます。
宿にてご朝食。
09:00〜11:00 沼島徒歩ツアー
神宮寺梶原五輪塔沼島八幡神社弁財天神社神明神社など)
11:00〜12:00 沼島おのころクルーズ。ご昼食はお弁当になります。
 島周辺の奇岩計12ヶ所を漁船にて見学します。ちょうど引き潮であれば、鞘型褶曲(さやがたしゅうきょく)と呼ばれる、1億年前の地球のシワが残る珍しい岩石も見る事ができます。
13:30-14:30 おのころ神社例大祭本祭参加。

 本祭ののち、帰路につきます。
 沼島汽船にて、沼島港発16:00、土生港着16:10。
 専用バスに乗り換え、JR新神戸駅へ(91.5km、1h26m)18:10頃着、解散。夕食なし。例えば、東京には、新幹線でJR新神戸駅発18:49、JR東京駅着は21:33となります。
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ