2019/6/30  9:33

西遊スライドトーク 一神教シリーズ(3)無事終了!  講演会

西遊旅行主催 『金子貴一スライドトーク 一神教シリーズ』第3回「キリスト教化する前のヨーロッパ諸宗教の魅力」

お陰様で、昨日6/29(土)の講演会が無事終了致しました!


定員35名のところ、本当に有難いことに50名様のお申込みを頂きました!当初、入り切れない方はドアを開けた状態の隣室にお座り頂く条件で承っておりましたが(声は聞こえてもスクリーンが見られない)、天候不順もあり、最終的にご出席くださった36名様は、全員会議室にお座り頂く事が出来ました。

遠方近隣を問わずお越し下さった全ての皆様方、休日返上でお手伝い下さった社員2名の方々、本当にありがとうございました!

いつもの如く堅い内容にも関わらず、最後まで熱心にお聞きくださり、26名の方がアンケートに記入して下さいました。

とても好意的なものばかりで、「今後、金子に話して欲しいテーマは?」という質問に、「日本の宗教弾圧の歴史」「キリスト教聖人の由来と持物」など13テーマのリクエストを頂きました!既に終了してしまったものもありますが、それ以外は今後のトークに織り込ませて頂きたいと思っています。今後共、何卒宜しくお願い申し上げます!

社員の方のメールからも楽しかった事が伺われます。
「皆様、充実の内容に満足されているようです。
私も会場の外から、色々とメモとりながら興味深く聞かせて頂きました。また、次回も楽しみにしております」。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


(案内文)ヨーロッパの宗教は、ギリシア・ローマ神話やゲルマン神話が、ローマ帝国の国教化により、いきなりキリスト教になったのではない。古代オリエントの諸宗教がアレキサンダー大王の遠征後にヘレニズム化(密儀化)し、ローマ帝国内に流入するという1クッションが入っていたのである。今回は、古代ヨーロッパの諸宗教の魅力を熱く語ります。

レジュメ:

1)今日の講演会の結論

2)古ヨーロッパ文明
・古ヨーロッパの宗教(女性原理)
・ミノア文明の宗教

3)インド・ヨーロッパ祖語の原郷
・インド・ヨーロッパ語族の拡大
・インド・ヨーロッパ語族の宗教(男性原理)

4)現在のヨーロッパ文化分布図

5)ケルト人とケルト神話
・ケルト人の分布
・ドルイド
・「金子貴一同行シリーズ アイルランド古代神殿 秋分の神秘に迫る旅(2018年)」での様子
https://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GYIEK1/index.html

6)ゲルマン民族の大移動
・ゲルマン神話(北欧神話)
・古代宗教の復活(スウェーデンの事例)
参考文献(拙稿)
http://www.asahi.com/travel/hikyou/TKY201007150286.html
http://www.asahi.com/travel/hikyou/TKY201007230417.html
・蜂蜜酒

7)スラブ人とスラブ神話
・クパラ祭
・「金子貴一同行 モルドバ•ウクライナ•ベラルーシの世界遺産を巡る旅(2017年)」でのクパラ祭参加の様子
http://www.saiyu.co.jp/itinerary/new/GYUAK1/index.html

8)バルト人とバルト神話

9)フィン・ウゴル系民族(非印欧語族)の神話
・フィン・ウゴル民族分布図
・フィン・ウゴル系民族の伝統宗教と神話
参考文献(拙稿)
http://www.asahi.com/travel/hikyou/TKY201007010148.html
http://www.asahi.com/travel/hikyou/TKY201007080383.html
・フィンランドの民族叙事詩「カレバラ」
・「カレバラ」の成立

10)ギリシャ神話
参考文献(拙稿)
「歴史の風景を訪ねて(11)ギリシャの神々と人間との交流史」(月刊アルク 2001年2月号)

11)ギリシャ・ローマでの宗教の変遷

12)ギリシャ・ローマでの密儀宗教の変遷(密儀から神秘思想へ)
・エレウシス密儀
・デルフォイの神託
・ディオニュソス密儀
・オルフェウス密儀
・ピュタゴラス教団
・新プラトン主義
・ヘルメス思想

13)ローマ帝国313年キリスト教公認の前と後の宗教:ギリシャ・ローマ神話の民族の宗教から、オリエント密儀諸の個人の宗教、そして、キリスト教へ。

主要参考文献:
1)Books Esoterica17「古代秘教の本」1996年、学研。
2)小川英雄著「ローマ帝国の神々 光はオリエントより」2003年、中公新書1717。
3)マリヤ・ギンブタス著、鶴岡真弓訳「古ヨーロッパの神々」言叢社、1998年。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ