2020/1/15  20:00

20200115二松學舍大学特別講義無事終了!  講演会

2020/01/15 16:40〜18:10
二松学舎大学政経学部
「メディアの社会的責任」コース
金子貴一特別講義
「メディア社会は宗教をどの様に論じるべきか」無事に充実して終了!

お呼び下さった川村晃司客員教授(テレビ朝日コメンテーター)、そして58名の学生の皆様方、本当にありがとうございました😊将来を担う若い方々とミニディスカッションも出来て、楽しい時間を過ごさせて頂きました‼
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

帰路、近隣で参拝させて頂いた靖国神社が、今年の初詣となりました。ありがとうございました。

クリックすると元のサイズで表示します

◯レジュメ「メディア社会は宗教をどの様に論じるべきか」
・金子貴一プロフィール
・結論:宗教社会の知られざる論理を可視化する必要がある。
1)文化や宗教により、同じ言葉やニュースも異なって解釈される
・同じ文章でも、文化により異なった理解がなされる
・エジプト人にとっての「正しい時間」とは
・豪華客船エリザベス2号で、ウェーター長に「時間を守ってください」と怒られた!
・同じ時間のアポでも、文化によって「何時に行くべきか」が違う
・同じニュースを聞いても、宗教により異なった理解がなされる
2)日本では一般的な「無宗教」は世界の少数派。全人類の半数は一神教徒。
3)ユダヤ教とは
・現在の世界のユダヤ人口
・ユダヤ教黙示思想と終末論
・一神教の終末論とは?
・政治的シオニズム運動
・ユダヤ教超正統派の立場
・正統派の立場
・近々おとずれる終末の後に再建予定のエルサレム第3神殿への準備
・ユダヤ教徒が守る613戒と終末
4)キリスト教とアメリカ
・宗教大国アメリカと福音派
・福音派が信じる終末論「前千年王国説」
・終末の到来を早めようとする福音派の政治的動きとトランプ大統領
5)イスラーム教とは
・イスラーム原理主義と心理
・イスラーム過激派と心理
・スンニ派の奥義「終末は近い」
・シーア派の奥義でも「終末は近い」
・スンニ派の伝承による終末の状況
6)一神教の終末論に対して、日本(人)はどうすべきか
・日本(人)は、特に未知なるイスラーム教とどう付き合うべきか
◯メディア社会は宗教をどう論じるべきか?
・現代の世界状況に多大な影響を与えている一神教が共有する終末間近論を丁寧に説明する必要がある。
・その上で、将来にわたり平和で安全な日本を維持する為、一神教世界とは一線を画し、日本と日本人はどの様に考え行動すべきかの指針を提示することも大切である。
7)グループディスカッション
今日提示した世界情勢の宗教的背景モデルについて、自らの意見をまとめてみよう!
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ