2008/2/23  9:14

「秘境添乗員」のご感想  連載「本の話・秘境添乗員」

 「秘境添乗員」届きました。4ヶ月連続でイラク。長編ですね。

 内容的には、「報道できなかった・・・」と同じような記述が目立ちますが、「秘境添乗員」の方が、回を追うごとに、文章がしまってきているように思えます。ぎゅーっと濃くなってきている。特に今月号。
 トマトとか、水分のある野菜を干すと、だんだん味が濃くなってきますよね。今月号は、セミドライトマト状態といったところでしょうか。なんで突然食べ物なのか・・・変な表現で、恥ずかしいのですが、日本も含めた、各国からの兵士のコメント部分などを読むと、イラク戦争をとりまく風潮が『書いてあること』以上にいろいろとあぶりだされてくるように感じ取れるので、これは、文章の味が濃厚になってきているのではないかと、思う次第です。
 コメントから察する現場の兵士の温度の低さと、そこかしこに記載されている、イラクで起こっていることの悲惨さが、今回の戦争というものの様相を浮かび上がらせるように作用していて、読んでいるうち、なんとも恐ろしい気持ちになりました。
 だいたい、小学校教諭をしていた人が兵士になるってどういうことなんでしょうか?私には、全く理解できません。そんなの、あまりといえば、あんまりです。これには、ショックを受けましたが、金子さんが書いてくださらなければ、知らないままでしたしね。世界にはこういう人もいるのだ、と自分を納得させました。
 最後は、なんだか独り言のようになってしまいました。

 もう2月下旬!寒かった冬も終わろうとしていますね。
 春からも、いよいよ良いお仕事なさいますよう、お祈りしております。では。

 長い間、皆様にご愛読頂いた「秘境添乗員」も、あと2回で終了となります。最後まで精一杯執筆して参りますので、応援のほど、宜しくお願い致します!
 
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ