裸で過ごす ヨーロッパ

ナチュリスム・ナチュリズム・ヌーディズム・FKK
裸体主義・나체주의・ナチュリスト・ヌーディスト
裸族・ヌード・ヌーディスト村・ヌーディストビーチ
ヌーディストリゾート・ヌードレクリエーション
サウナ・温泉・混浴・ライフスタイル・アウトドア
naturism・naturist・nudism・nudist

 

ブログ コミュニティ

にほんブログ村 セクマイ・嗜好ブログ 裸族・ヌーディスト(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
↑クリックすると順位が上がります。

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ぽぽぽ
ヌーディストビーチ、リゾートなどは男二人で行くようなところではないということですね(同性愛の人は別として)。まだ一人で行った方がマシかも。

でもこれはこれで貴重な旅行記で、ゆうきゆうさんの語りがまた絶妙で、さらにきれいなイラスト付きで、傑作ですね。ぜひたくさんの人に読んでもらいたいですね。
投稿者:ひで
面白いですね〜^^
一般に全くナチュリスムに興味がない方(というよりある種の下心がある?)が、それを体験するとどういう感想を持つのか、というのがよく分かって楽しく読ませてもらいました(笑)
ヨーロッパ人にナチュリスムのDNAが受け継がれている!という分析とか、性欲を強制的に抑圧された状況に置かれたら下心がどうなるか、とか、精神科医?らしく学術的?な記事ですね(笑)
…でも、日本人の多くが、きっとこういう反応なんだろうな〜と思うと、ちょっと複雑になったりもします…
やっぱり、ぽぽぽさんのおっしゃるように「外来文化」として日本流のアレンジは必要なのでしょうかねぇ…?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ