輸入住宅の写真集(外観・インテリア)建築家:葉山

輸入住宅の施工例や北米・ドイツ・上海での海外研修報告写真などを多数掲載しています。
<現在はユニバーシスにて設計活動中>

 

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

QRコード

掲示板

掲示板の設定が行われていません
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:hayama
スイマセン!!

いろんな方にご心配をお掛けしているようで申し訳ないです。 病気になったわけでもなく、ベクターの倒産によって輸入住宅をやめてしまったわけでもありません。

もの凄く忙しくなってブログ更新の時間が全く取れなくなってしまったことも一つの要因ではあるのですが、今までもの凄くこだわってやってきた事がなかなか実践できなくなった事(構造・性能・結露・気密断熱・輸入キャビネット・輸入建材など)で試行錯誤の毎日が続き、相当悩んでいたためと思います。

非常に強いコスト削減や内外ともにシンプルなデザインも新たなテーマとして前向きに考える事ができるようになってきたので、少し目線を変えた形で少しづつ更新を再開していきたいと思っています。

輸入住宅のデザインと言えば、「あこがれの輸入住宅を建てる」(リクルート社)に掲載されているようなデコラティブなデザインを追求し、フロンビルホーム千葉などのインテリアに少しでも追いつきたい、との思いが強かったのですが、スタッフやお客様も若くなり「近代モダンの輸入住宅」のデザインをする機会が増え、新たなテーマに向かって頭の中がだいぶ整理できてきたところです。

輸入住宅をやるようになってから、新建築やモダンリビングに掲載されているようなシンプルモダンな家を設計することはまず無い と考えていましたが、アメリカ・ドイツ・上海の海外研修でもインテリアはどんどんモダンな方向が強くなり、自分とは少し違うなと思っていましたが、逆に自分のデザインが世界の流れから止まっていたのかもしれません。

あるお客さんに言われましたが、2月までは運気が悪いけれど3月からは凄く成長するそうです。
あまり占いは信じる方ではないけれでも、私のデザインに非常に大きな転換期が来ていることをひしひしと感じています。

ipod を触れない50過ぎの建築家ですが、気長にあたたかく見守ってください!
投稿者:はな
何故 blog更新されないのですか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ