2018/10/16

10月14日の記録  

10月14日(月・祝)、6班担当の育成作業が行われました。

担当班以外の方も来られ、7組の会員さんの参加でした。



今日のコンディションは天候:晴れ  気温:22.5℃  水温:23.6℃  塩分濃度:28.5‰  溶存酸素:3.01mg/l  全窒素:0mg/l   COD:5mg/l  硫化物:0.1mg/l  水深:2.0m  可視水深:2.0mでした。



ガーベージは都合によりありませんでした。

今日はじめて参加の会員さんもいましたが、思ったより貝もネットも汚れておらず、順調にお掃除できました。



まずはネットを作業場まで運びます。

クリックすると元のサイズで表示します


貝は葉先も出ていて元気でした。

クリックすると元のサイズで表示します


今まで見過ごされて大きく育ったカキが3つほどあり、それぞれ会員さんが見つけて取ってくれました。



カキが忍者のように上手に隠れています。さてどこでしょう?

クリックすると元のサイズで表示します


ここだ!

クリックすると元のサイズで表示します


取れました。

クリックすると元のサイズで表示します


カキ探しをもうひとつ。

クリックすると元のサイズで表示します


これは大きい! 5.5cmほどもありました。

クリックすると元のサイズで表示します


運河の中では小さな魚や大きな魚の群れがいくつか観察できました。

小さなカワハギとギンポを捕獲。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します


みなさん、お疲れさまでした!

クリックすると元のサイズで表示します


次回作業は10月28日(日)、7班が当番です。

当番日に欠席される場合は事前のご連絡をお願いします。



残る育成作業は、あと10月28日・11月11日の2回となりました。

担当以外の班の方も大歓迎です。

まだ参加できていない方も、ぜひいらしてくださいね。

お待ちしています!
7

2018/10/10

10月8日の記録  

 10月8日(月・祝)に5班担当の育成作業が行われました。担当以外の班の方も来られ、8組の参加でした。

今日のコンディションは、天候:晴れ 気温:24℃ 水温:24.4℃ 塩分濃度:2.58% 溶存酸素:7.62mg/l 全窒素:0mg/l COD:5mg/l 硫化物:0.1mg/l 水深:2.0m 可視水深:2.0m でした。

思っていたよりもネットも貝も汚れておらず、掃除も早く終わりました。

今日のガーベージは、台風の後のためか、カーペットやペットボトルが多く浮いてました。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
↑大きなカーペットでした。

掃除前、小さなフジツボが見えます。
クリックすると元のサイズで表示します

カキが上手に隠れています。見つけられるかなぁ?
クリックすると元のサイズで表示します

見つかっちゃいました!
クリックすると元のサイズで表示します

貝の掃除をしながら生き物を探すのも楽しみ方の一つです。
クリックすると元のサイズで表示します

初めての方もいらっしゃいましたが、とても丁寧に掃除をしてくださったので貝も綺麗になりました。

最後にパシャリ📷
クリックすると元のサイズで表示します

 次回作業は10月14日(日)で、6班が当番になります。
当番日に欠席される場合は事前のご連絡をお願いします。

育成作業もあと残りわずかです。
他の班の方やまだ参加できていない方の参加も大歓迎です。お待ちしております。

おまけ カキが復活してきて、ネットにも付いていました 
クリックすると元のサイズで表示します
3

2018/9/26

9月24日の記録  

9月24日(月・祝)に3班担当の育成作業が行われました。
会員さんは11組の参加でした。

今日のコンディションは、天候:曇り 気温:26℃ 水温:24.7℃ 塩分濃度:26.5‰ 溶存酸素:5.23mg/l 全窒素:0mg/l COD:5mg/l 硫化物:0.1mg/l 水深:2.3m 可視水深:2.3m でした。

今年は天候不順のため4回も育成作業が中止になった影響で、半分ほどの会員さんが初めての作業でした。
しかし、貝もあまり汚れておらず、スムーズに進みました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ガーベージのお話。
流木・プラスティック・子ども用のボールなどがありました。

クリックすると元のサイズで表示します

ネットを引き上げ、作業場へ。
少し重いですが、ネットが地面についてしまわないよう、気をつけながら運びます。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

タワシやヘラを使って貝をキレイにします。

クリックすると元のサイズで表示します

掃除前の貝。

クリックすると元のサイズで表示します

掃除後の貝。
泥などが落ちてピカピカになりました。
死貝は少なく、葉先が伸びている貝が多く、ほっとしました。

クリックすると元のサイズで表示します

アコヤ貝についていた、小さな貝やホヤです。
フジツボは毎回しっかり取って下さっているようで、大きく成長したものは少なかったです。
今年はカキがあまりついていない気がします。

クリックすると元のサイズで表示します

お掃除の後は、ポンツーンにて水質検査です。

クリックすると元のサイズで表示します

小魚が沢山とれ、観察も楽しみました。

クリックすると元のサイズで表示します

次回作業は9月30日(日)で、4班がお当番です。
他の班の方の参加も大歓迎です。
なお、当番日に欠席される場合は、事前のご連絡をお願いします。
5

2018/9/22

兵庫大開小学校環境体験学習  

 9月21日金曜日、今年も兵庫大開小学校の3年生4クラスの子ども達が、環境体験学習に兵庫運河にやって来ました。空模様が心配されましたが、雨が降らず良かったです。

クリックすると元のサイズで表示します

 始まりの会の後、荷物を置いたり班に分かれたりもさっさとこなし、いよいよ学習の始まりです。
 最初は会長より兵庫運河のお話を聞きました。日本で一番長い兵庫運河が、100年以上も前にどうやって作られたのか?どんな風に利用されてきたのかを勉強しました。今日初めて聞いたことも多くあったと思います。これからの運河をどう活用するのか?良いアイデアがみんなの中からいつか生まれてきたら良いですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 ここからは6班に別れ、1〜3班は班ごとに顕微鏡を使って運河の水に生息するプランクトンを観察しました。
4〜6班はライフジャケット着て運河へ。運河のすぐ横の遊歩道で真珠の養殖、運河のゴミについての学習を。運河に浮かぶポンツーンでプランクトンネットを使ってのプランクトン採取の体験をしました。
 そして後半は4〜6班がプランクトン観察、1〜3班が運河での体験をしました。
では、それぞれの様子を紹介しましょう。

〈顕微鏡観察〉

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 今回は動物性プランクトンの ミジンコ・ワカレオタマボヤ・2枚貝の幼生(赤ちゃん)・夜光虫が見られたのですが、活発に動き回って視界から外れてしまうので見ることが出来なかった子もいるかも知れません。これからまだまだ機会は訪れると思うので顕微鏡で覗くミクロの世界への興味を持っていて欲しいと思います。

〈真珠養殖のお話〉

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 真珠?と、ぴんとこない子達もいたので運河で養殖した真珠のアクセサリーを見せると、きれい!ここで出来るの?とびっくりした様子。偶然出来る天然真珠を人の手で作れないか?と日本人が養殖する技術を発見した話しをすると、運河を作ったおじさんと同じ!と反応が返ってきました。自分の夢を諦めずに頑張り続けた先輩達のように小さなことでも何かをやり遂げていってくれると良いですね。そして初めて見るアコヤ貝を大事に触って観察していました。

 〈プランクトン採取〉

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 運河の上に浮いているポンツーンはみんなが好き勝手に動くと揺れたりするのですが、騒ぐことも無く、説明を聞き交代でプランクトンの採取をすることが出来ました。そしてネットでこされてプランクトンを捕まえた水を真剣なまなざしで観察していました。ミジンコなど大きいプランクトンは見えることがあるのですが、みんなは見つけることが出来たかな?
 ゴミの話しを聞いてから降りてきた子ども達は、運河に小さなゴミが落ちていることに気づいて気にしてくれていました。

 〈ゴミのお話〉

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 この日の朝ガーベージ作業で集められてきたゴミを前に、このゴミはどこから来たのでしょう?と質問すると…風で飛ばされた。わざと捨てた。。の答えが返ってきました。それもあるけれど一番多いのは雨なんだよ!と言うとびっくりしていました。道路に落ちていたゴミやベランダから飛ばされた物が風と雨によって溝を通って運河に流されてきた。わざとじゃなくても飛ばされてしまった小さな飴の包み紙など”あっ”の気づきを忘れないでいて欲しいですね。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

 終わりの会では、気づいたこと感じたことを発表してくれました。
そして質問コーナーでは、運河にいるプランクトンは何種類ですか?一度にどれぐらい見つけられたことがありますか?私も真珠を養殖したいです、どうしたら出来ますか?…などなど。
毎年の応募でこの子達の中からプロジェクトに参加してくれる子がいたら嬉しいですね。
3

2018/9/21

9月17日の記録  

 9月17日に2班担当の育成作業が行われました。今回は13家族の参加で、育成作業場が狭く感じられました。前回の2班担当の日は豪雨の影響から作業ができませんでしたので、作業は今回が初めての方もおられました。コンディションは、天候:曇り 気温:27℃ 水温:26℃ 塩分濃度:30‰ 全窒素:0mg/l COD:5mg/l 硫化物:0mg/l 水深:2.8m 可視水深:2.8m でした。

 今回のガーベージは、今までになく少量でした。潮や風の流れによるものかも知れませんが、運河にゴミがないのはうれしいことですね。
クリックすると元のサイズで表示します

 貝のお掃除は9月7日から10日ぶりで、フジツボの子供がたくさんついていました。
クリックすると元のサイズで表示します
   ↓ お掃除すると・・・
クリックすると元のサイズで表示します

 貝の間のカキも発見しましたよ。
クリックすると元のサイズで表示します
   ↓ 取り除きました。
クリックすると元のサイズで表示します

 あこや貝についていた1cmほどのフジツボを生きたまま取り外すことができました。シャーレに入れておくと、網のような蔓脚(まんきゃく)を出して一生懸命にプランクトンを食べようとしていました。(あこや貝についているとあこや貝のえさになるプランクトンを食べてしまうので、お掃除で取り除くのです。)
クリックすると元のサイズで表示します

 貝のお掃除の後はみんなで、ポンツーンで計測や観察をおこないました。水深2.8mでしたが、水がきれいで底までよく見えました。魚はあまりいませんでした。

 会員さんの一人がポンツーンに打ち上げられてしまったタツノオトシゴを発見!
クリックすると元のサイズで表示します

 最後に全員集合です。
クリックすると元のサイズで表示します

 次回作業は9月24日(月,祝)で、3班がお当番です。他の班の方の参加も大歓迎ですよ〜。なお、当番日に欠席される場合は事前のご連絡をお願いします。
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ