2019/8/5

夏休み自由研究 その2  

ここからは4グループに分かれての体験学習の報告です

プランクトン観察

クリックすると元のサイズで表示します

担当は兵庫県立工業高校の学生さんです。皆さんのプランクトン観察が良い物になるように、朝から顕微鏡のセッティングの準備をしてくれてました。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今回はミジンコが多く見られたようです。数は少なかったけれどケイ藻類や夜光虫も見ることができたそうです。ミジンコが動いている様子を見られると子ども達が喜んでくれたようです

貝殻アート製作

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

紙皿に糸を掛けていき糸巻き曼荼羅を作り、それができたら別の糸にビーズを通していきます。
リズムに乗るとスムーズに糸を掛けていけるのですが、紙皿の表裏を返してしまうと分からなくなってしまったり…(;^_^A でも最後には皆さんきれいな曼荼羅模様を完成させていました。
ただ時間が足りなくなって、仕上げきることができなかったお子さんもいました。お家で仕上がりましたか?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

真珠層の取り出し

クリックすると元のサイズで表示します

真珠を取り出した後のアコヤ貝の貝殻を磨くと、きれいな真珠層だけの貝殻にすることができます。工芸品の螺鈿細工に使われるのも貝殻を磨いて取り出した真珠層です。ヤコウガイなどいろいろな貝殻が使われているようですが、アコヤ貝も材料になることがあるようです。
まず水と塩素系漂白剤を同量混ぜた物につけて外側の黒い部分を溶かします。

クリックすると元のサイズで表示します

漂白剤と水に浸けて、1時間後…A、半日後…B、1日後…C と、綺麗になっていっているのが分かってもらえると思います。
ここからがみんなの出番です!マイナスドライバーでコンコンと軽くたたいて白い膜を浮かせてはがします。最後はサンドペーパーで仕上げ磨きをします。
みんなきれいな真珠層を取り出せたかな?

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

みんな黙々と作業を続けてくれました。ひびが入って表面が割れるとそこからきれいな真珠層が顔を出し、歓声が上がっていました。家でもやってみたいと貝殻を持ち帰った子もいましたよ。
きれいにできたかな?

その3に続きます
7




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ