連休はオヤジ二人で鳥羽。  釣り

土日が休みになったので毎度の渋滞に突入(泣)
毎回毎回 霞、四日市はタマランぜょ。

後半は順調に進み釣り場へ、一応二晩なので クーラーボックスを担ぐ。
寒くなる事を見越してカッパ上下持ち込み、準備OK!投げ始める。

少しして 反応〜 ヒット!突っ走られる、ラインを信じて止めると
何とか止まるが 魚の重さが良くない。

水面でサヨナラー場所を休める。
場所を動いて 数投はビーチーメバルに邪魔される。

次のアタリで何か変な〜 アジょ〜〜 それも型がいい!
続いてのアタリもアジー サイズダウン。

ヒゲオヤジさんから 携帯に入電、ポイントに 到着!と、
その場所は満月では釣れませんょ… 場所移動してもらう。

その後 セイゴを少し追加してヒゲオヤジさんと合流。
ヒゲオヤジさんもセイゴをゲットして一安心、

仕事の疲れも出て居眠り状態になってみたので キスポイントに移動して仮眠。



明けて 5時過ぎ、
満潮なので ポイントを通常狙わない方向から投げてみる。

遅れてヒゲオヤジさんも起床〜
私はべラ・グーフー・べラ・グーフー・べラ・ベラ・クジメ・キス〜!

お〜キスが釣れましたぜ^−^)
ヒゲオヤジさんは1級ポイントに入ってもらい 私は探りながら動く。

次の場所でしばし投げていると 底の状況がつかめてきた、
手前は駆け上がりがきついので前勝負。

誘う幅を狭くしてー 幸いグーフーが居ないので刻んで誘います。
すると 地味に ツツツツ バシッ!ん?キスじゃないか〜?

途中から走り出しキス登場!
しかし後が続かず動く。

少し駆け上がりがゆるいので 中間距離まで誘う、
すると 弱いアタリが ツツツ バシッ!また泳がない〜 けど泳いだ〜キス!

もう一ヶ所も1匹追加してヒゲオヤジさんの状況を見に行く。
なんだか不調の様だ、話を聞くと セイゴより難度が高いらしい、

場所の問題で 私は至って普通なのだが、
通常の釣り人にキスをここで釣って下さい!と言われても・・・(汗)

そうなるかもしれない。
そう なった(爆)。

ヒゲオヤジさんがラーメンを作っている間に私も投げてみる。
キスが釣れた,,,, 居ますけど、

今釣った4匹は20a絡みでそろっていたので ヒゲオヤジさんに進呈。
ラーメンを食べて 本格的キス狙い??で場所移動。

ポイントでは 爆風...
一応 追い風で投げられるので調査開始。

すぐに足元でアタリがあるがバラす。
食いが浅い感じだ、それに風が---

浅い方向でアタリが出るので しつこく投げているとやっと釣れた、
その後 ポツリ・ポツリと追加、ラストは ヒゲオヤジさんがデガグーフーで〆てくれた。

はじめのキスポイントで休憩して いる間にヒゲオヤジさんキスを1匹ゲット。
やはり この場所はムズイらしい、風もあったので難易度が上がった中での1匹は貴重だ。

私も調査してみるが 1匹にとどまる。
やはり魚の数が少ない様だ。

夕暮れも近づいたのでセイゴポイントに移動、
まだ明るさが残る釣り場へ入る。

すぐに投げる。
ヒゲオヤジさんが まだ少し早いかな、と言った。

私の投げた1投目に即ヒット!で バレる...
2投目 カリカリっ ドン!エラ洗いから潜行〜

何とか止められるサイズだ、
足元まで寄せて 抜けるか魚を持ち上げる… 駄目じゃ!

こりゃ竿・ラインの強度を魚の重さが超えている、
ただ今回はヒゲオヤジさんが 素晴らしく長いタモを持っているので 魚を確保してもらう!

タモの柄は超長いのに タモが直径30aロックフィッシュ用(爆)
それでも タモ入れは一撃だった!!

ヒゲオヤジさんアザーす!
アジ竿で40a超は楽しいけど 疲れます。。

しばらくして カッカッガガ!ヒット!ダバダバダバ〜
ヒゲオヤジさん、これも抜けませんが----

またも タモ入れ一撃!
正にタモ入れ職人じゃ^0^)

前日釣れたアジの事もあるので その調査もしつつ ビーチーメバルに,,,,
二日目はアジ無し。

しかし いつものセイゴも少ない と言うか釣れない。
やっとアタリをとらえる 飛ぶは潜るは でもアブアジが溜めてくれるので問題無し。

魚を持ち上げて重さを確認後30a超えゲット!
少ししてもう1匹追加、すると 遠くでヒゲオヤジさんが何やらブツブツと言いながら〜

近づいてきた手にはシーバスが、でも 竿短くない?!
抜いてから 魚の重さで折れたらしい(汗)

まぁ〜色々と笑わせてくれるお方だコト^_^;)
スペアーの竿に替えてマメメバルをゲットしつつ ズドン!と来たらしい、

遠くで 何かんブツブツ言っていたので その時フックが伸びてサヨナラしたらしい。
12時頃で止めることにして ラストの追い込み!

右側で カカカカッ ヒット!エラ洗いから潜るが止められる、
足元まで寄せて 重さチェックをしてから抜く!

中を舞ったのはヒラセイゴ!
青っぽい魚体がキレイだが 暴れてくれるので ウロコボロボロ---

すぐに次がかかり ギリ抜けるサイズを上げ今回の釣行は終了となりました。
20a弱のメバルもヒゲオヤジさんは上げていましたね、

一時期チビしか釣れなかったのが少し回復してきたのかな。
なんて思いながら鳥羽を後にしました。

セイゴにキス、ヒゲオヤジさんお疲れさんでした。
疲れて 田んぼに腕を組んだまま居眠りダイブしてたりして(笑)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ