詳細。。  釣り

非常に忙しい釣りでした。
のんびりのヒゲオヤジさんオロオロ(笑)

ココまで忙しい場所は他に無い?!。
そんな場所をチョイスするところが 泣けるぜ〜(爆)

本来通う場所が不調なのでしょうがないところなのょ。。
でもこんな面倒な釣りを理解してアジをゲット出来ればどこでも通用するね。

それほど新規でアチラコチラ行かないからなぁ〜(汗)
巻きスピードがオジサンは遅かったね、これに尽きる。

なのにアタリが小さいし いきなり激しいし ハチャメチャ,,,,
そんな微妙な状況でアタリを見切るには私の場合 ソフトタッチなティップ!

やはり今の場所の場合バラシの原因は竿先の硬さにあると思う。
一生懸命捕食しているアジが走りながら吸い込むところで 竿先が硬いと咥え直すヒマが無い。

ラインは0.2号で違和感を消す限界の細さなので もう竿先しかない。
ブランクから組んだアジングロッドでも充分柔らかいのだが---

それでもアタリを感じてしまうと つい身体が反応してしまう。。
オジサンはアタリが来ると 身体が固まるらしい(???)

入るティップでアタリを感じて・・・アワセ!られれば上アゴフッキンクできる。
そこまでアジが離さなければ、カリカリな竿でコレをやるのが非常に難しい。

その硬い竿しか無ければ最終的には追従してでもヤルけどねー
そこまでしなくてもザルツ改改で事足りる^−^)

アジの場合変な状況に陥る事がある。
活性があれば何の問題も無く普通に好みのタックルで楽しめる。

それが一変するのだ、突然吹く風だったり潮だったりと理由はアジに聞きたい。
潮の流れで捕食するエサが移動すれば一緒に移動するだろうし、

暖かい潮に冷たい潮が流れ込めば2枚潮になり流れの境目に溜まるエサに注目するはず。
アミは冷たい潮を好むので どう動くのかは??

プランクトンは暖かい方を好むか??ベイトは??となる。
ここでレンジの変動が考えられる訳で下に入る潮と上に上がる潮のどちらが影響するか、

上に注目すればレンジは一気に上がり水面直下まで上がる。
これが一番困るパターンなんですねー,,,

そこまで一気にレンジを上げられない。
なので着水からのフォールに入る一瞬でアタリが出れば水面直下を考えるしかない。

下に注目してくれたらレンジを下げるだけなので気を抜けば勝手に下がるオジサンみたいに(笑)
だから今回私はかなり気合を入れていた訳です。

そしてオジサンはクロダイに好かれカサゴに好かれる♪
そしてキッチリ足元まで引くからセイゴにも好かれる♪

そんな中オジサンはゴミがアジを連れて来る!と知っていた。
なのに3匹なのはゴミがオジサンの前を3回しか通過しなかったとか??

オジサンの落ち着いたジグヘッドのウエイトは1.8g、
私は1.3gぐらいで それ以上重いモノを持っていなかっただけだけど。

このウエイトで水面直下は無理でしょ、でも上ずった瞬間が度々ありましたね。
着水からラインスラッグを取った瞬間にはティップが押さえ込まれる、

これが乗らない... あっクソっ!と何度言ったことか。。
ウエイトを軽くしてこのレンジに上げたいところだが キャロでもしないと届かない。

そこでキャロっちゃたら変な話になってまうやろー
単体でこの場所では通さないと意味が無いんですゎ。

色々ありまして、そんな場所で遊んでまいりました。


キスはちょっと苦労しましたね〜
そんな苦労の元はキスを私が抜くから グ-フ-さんが幅を効かす(汗)

止めでポーズが長いとフックが無い。
もー頼むわっ,,,

熱くなってしまい終わってみれば9時前、
暑くなった海に吹く風は爽やかでした。


そうそう、オジサンはチタンティップを使っていた。
はずだった、アレっこれはトラウトのブランクを使った竿だったー だって、

チタンってそんなもんらしいです(笑)
0



2015/8/25  20:58

投稿者:イカオヤジ

太郎さん、こんばんわ。。

そろそろアオリ人口が増え始めるので釣り場が占領される可能性アリアリです。
アオリ狙いの人は越前の磯場に行ってもらわないとイカンですねー
そうなるとT君の地元鳥羽が気になるところなんです...

様子を見つつ釣り場には通いますのでメールしてくれれば。。


2015/8/24  23:19

投稿者:あおりたろう

見てると〜そろそろ行きたくなってきた!!

今週土曜日イカ行ったら

来週はアジング行こうかな〜?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ