詳細。。  釣り

今回はアジにメッキ、キビレまで上手く釣れました。
セイゴが少なかったのは今後心配ではありますが…

まずメッキはレンジキープ、コレはアジも同じセイゴも同じ。
ただ普通〜に投げて巻いていたのでは食わない。

そのいい例に 話しかけて来たお兄さん、
1つも釣れた形跡無し。

アジンガーなるもの 何かつかまないと 釣果に恵まれません。ょ。
それが何でも構わないが 釣果につながる何かをぜひつかんで欲しいですね。

オジサンはレンジキープをつかんでいるんです。
だから釣果につながっている、アジ限定ではありませんけど ボーズありませんからね〜♪

そこへカラー問題。
ココがなかなか難しい、全色そろえる訳にはいかない・・・

アジアダーでキッカケをつかめたので 次につながった!
全然食い方が替わりましたからね。

アダーでは色が弱かった、そこを一気に 売れ残りカラーを投入(爆)
特価とか売れ残りとか じゅうぶん釣れますからね安物&売れ残り(笑)

使うタイミングはありますけどね。


キビレは再現性があるみたいですね。
前回は根があることに気が付かずキビレをキャッチしましたが、

今回は根掛かりしましたから 小さ目の根があります。
これでこの場所に入れれば 結構な確率でキビレが確保できるかな〜

そんな場所を知っていると1発を捕れる確率が上がりますょ。


アジは大潮で水位の増減におちょくられて レンジを外すこと数回、
ジグヘッドを軽くしたいのだが 今はこのままで通さないと...

押す潮に斜めにアプローチして引いてくるラインを選ぶ面倒な釣りでした。
手前側をショートカット気味に引く場合と遠くをラインスラッグを出しつつ大回りで引く場合、

PEならではの釣りを展開しておりました。
だから軽くしてしまと全てショートカット気味になってしまうんですねー

そこへアジの活性があるので テンションをシッカリかけておかないと
一気に押さえ込まれるアタリが増えてしまうんですょ。

触る感触があってから 何度もアタリが出ますから押さえるまでアワセは厳禁!
押さえなかったら そのままスルーしてもう一度投げ直す。

そこまでわかっていて つい反射的に動いてしまいバレにつながるんですゎ,,,
もう少し釣らないといけないパターンではありました。

話しかけて来たお兄さん!
24.5aまでが24匹明るい月の下でも釣れましたょー

アジ釣れましたか〜?!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ