画像。。  釣り

今回のメバル3匹。
クリックすると元のサイズで表示します
やはり居付きの個体な感じですね、
居付きでここまで大きいのは珍しいと思います。

回遊性のブルーだとミドリっぽい色が見えるのですが全然ありません。
それとちょっといかつい感じ、皆さんが狙わない場所なんでしょ。

どちらも29.5a強 見事な泣き尺---
30の壁が厚いですな。。

上のメバルが24aですから通常なら十分なサイズなんですけど、
リリースしたメバルはこの中間ぐらいでしたから26-27a、

大きいメバルが釣れていなかったらもちろんキープサイズですね。

狙って釣れないセイゴくん、
クリックすると元のサイズで表示します
違う場所で釣れました(笑)
それも1発は切られましたが尾鷲スペシャルガルプで食いましたね。

何度かアタッても食わなくてアタリにスローで同調させ食わせたまでは良かったが・・・
そんなもんですゎ。。

ブルーじゃない、
クリックすると元のサイズで表示します
ブルーだとウロコを取るとミドリがかった部分があるのですが、
それが一切ないので居付きのタイプだと思います。

それとヒゲオヤジさんが 掛かりが良い とお勧めのオーナーの
ラウンドタイプジグヘッドで1本目を捕りましたが、

掛かっていたのですがメバル大で見事に開いていました。
やはり大物向きではないですね、セイゴクラスならいいですが セイゴ大だとヤバイ...

ヒゲオヤジさんはラインがPEではなくジョーカーだったから
セイゴ大だとフック以前にラインが飛びますゎ。

今回はすぐにオリジナル強化タイプのジグヘッドに交換して2本目3本目のメバルを捕り、
セイゴ大が釣れて次で切られ ガマの通常タイプのジグヘッドに交換。

ショートバイトが増え どうもフックとシンカーの重さを嫌っている感じ、
しかし大き目のフックで軽いウエイトのモノを持っていなかった---

しょうがなく尾鷲バージョンで通しましたが実は少し軽くしたかった...
ただガマでさえフック強度は足りませんけど 魚がたまたま後半小さ目で助かりましたね。

こんなコトをふまえてジグヘッドを追加しないとやられますから、
でも#2のフックは使いたくないし ちょうどいいフックが無いんですょ。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ