ハゼ。。  釣り

今回は黒鯛狙いで出発!
現地に着く前から「こりゃアカンな〜」,,,

やはり現地爆風ドバドバで終了〜
なのでちょっとマゴチ狙い。

しばし投げるがビーチーセイゴばかり。
アタリは多いがあきるょ、

なのでチョイ前と言っても50mは飛んでるな---
底を探りながら移動していると 重いジグヘッドなのに 軽〜く押さえた〜

ヒット!マゴちぃじゃないなー
30aぐらいのセイゴ、抜いたら外れたのでそのままリリース。

シマッタ!画像を撮るのを忘れた〜
まぁいいか。

こりゃ無理っぽいので休憩〜の移動。
こうなったら青虫もあるのでハゼ狙いに切り替える。

明るくなりかけた頃 ぬっココっ!抜けた、
ハゼが居るな、同じ場所ですぐにハゼが釣れるがゴミが流れて来て釣りにならない。

5-6匹釣って大きくエリア変更、
の前にデカイハゼかと思ったらチビマゴチ・・・

なぜチビは釣れるかね(汗)
次の場所は以前から気になっていた場所で どうだろうか...

すぐに釣れて はじめの場所よりハゼがアグレッシブ!
ボチボチ釣れて青虫を使い切り終了〜

ハゼが37匹、ラストの場所のハゼは太ってました。
やはりハゼとはいえ場所探しは必要ですね。

それと前準備をしていかないとハゼだって簡単には釣れません。
PEを使って根掛かり対策をしていましたが結局 根掛かれば切れるので、

ラストの場所ではジョーカー03を使い1gでの戦い。
これが良かったですねー 竿はもちろんソアレ!

アジを狙っている訳ではないが やはり小さ目の魚をエステル系のラインで狙うのは楽しい!
02を使ってもいいのだが 飛び過ぎる。

03で十分飛んでいるのでそこまでしなくても大丈夫です。
0.09のPEでも1gでいけるのですが風が吹くと結構面倒かな、

同じ1gでエステルのが倍沈みが早いです。
やはりジグ単でアジを狙うならエステルかフロロになりますね〜

ソアレでハゼを釣ってみて、一番の問題は底を釣るのでティップにテンションを掛けづらい事。
1gでも底から浮かさないとテンションを感じ取りにくい、

なのでラインを張らず緩めずチョイ張り気味(笑)
でテンションを出す訳だが 根か魚か風が無ければ比較的判断が出来るけど

風があるとラインを勝手に張り気味にされてしまうので根に自然とフッキングしてしまう。
竿を立てたいがラインがはらむのでそれはヨロシクないし---

そんな感じで釣りをしてました。
やはりテンションはシッカリ感じ取れる竿がいいですね。

それと小さなフックを持っていなかった(エサがデカイの必要ないが)ので、
とあるフックを使ってみた。

すると比較的大きいのにハゼが掛かる、これは鳥羽でアジを釣っていて見つけたフック。
今回絶対的な威力を感じました!

このフックは「じゃいごう(最高)」再確認!
それとソアレは近いウチにガイド交換で更に良くなると思います。

ハゼでもキレイに曲がるし言うコト無し!
ただガイドのバランスが,,,特にトップガイド マジよろしくない。

細いティップに乗せるガイドじゃないょ。
やはり1-2-3と交換しないければソアレではない、

今現在「ソアル」余分なモノが付いている状態かな〜
説明しにくいが、竿は徐々に細くなっていきますよねぇ---

ガイドも小さくなっていきますよねぇ---
しかし1はトップで順に2-3-4と同じガイドが並ぶ訳ですょ(4は違います)。

厳密に言うとガイドセットには1つ変なガイドが含まれていて、
先用と手前用の中間にガイドの足が幅広で長くガイド径は小さい意味不明なモノがある。

ちょうど中間と言うコトもあり力が掛かる場所で強化されている??モノだとは
思うのではありますがぁー どうしてもココでラインが絞られる感アリアリなんですょ。

この前触ったビオレンテもそうだし今回のソアレもそう、
ガイドセットで買ったモノももちろんそうです。

なので4を少し大きくして3はそのまま。2を小さくしてトップが問題になる訳。
そうすると4個ガイドを触らないといけなくなる。。

4も替えるか....変に赤いスレッドが使ってあるし....
仕事が増えまくり。。




実はタイラバのロッドも修理に来ていてー
元から2番目のガイドのスレッド2aぐらい手前でポッキリ。

ガイドが無ければいいのに とっても邪魔!
それ以前になんでも直ると思うなょ!押し付けられても困る。

タイラバロッドなんて100gぐらいをぶら下げるのに あの薄いブランクはナニ??
炎月SS シマノさん。

強化して直しても他がイカれては意味がない。
グチになって来た〜 こんなところです(汗・笑)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ