地元。。  釣り

新作リグを試すために地元でのアジングは初?
仕事終わりから無理やり行って来ました。

ポイントに着く前に道に迷う(汗)
何とか釣り場に到着。

ロッド2本を持ってポイントに入るが
投げ始めてみると ティップの入るロッドが必要な場所。

すぐにアタリは出たが 魚が泳ぎながら当たるので
弾くと言うより ただただアワセのタイミングが取れない。

竿にアタリは出るが一瞬なので 構えていてもミートしない。
完全にリグが合っていないのと竿が硬すぎる。

車に戻る元気もないのでロッドはそのまま、
リールは持ち込んでいたのでラインを02と03で組んでいたがどちらも02号へ。

リグは一応使えるので一端終了。
ジグ単1.3gへ、その頃にはもぉ眠くてヘロヘロ...

投げていると明らかにアタリが落ち着いて来た、
テ..ヒット!ちょっと魚を見るまでは極小メバルかと思っていたのでアジで一安心。

リリースしてしばし投げていると流れに押されて根掛かりロスト、
何せ寝ぼけているからラインがどうとか見てられない。

皆さん知ってるかどうか、
キャストからのフォールでアタリを確実に見ることが出来る方法がある。

それは置き竿にすること。
人が持っていると竿は思っている以上に安定していない、

微かな潮の流れや何かに微かに触れたりするとティップに全て現れる。
ただカリカリ・パンパンな竿ではその限りではありませんょ。

それと問題はアワセられないこと、
アタッても竿を持っていないのと どうしても水や風にラインを持っていかれているのでー

ラインの遊びが多くあるのでアワセが遅れます。
まぁ寝ぼけて見ているので着底まで 今触ったなー しばらくして着底かー

それほど深く探らなくていいな、
そして風も弱いので1gに変更して 中層から誘いにカウンターでアワセが入り2匹目。

少しして誘いからの止めでジグヘッドが頭を下げた瞬間に押さえ込まれドラグが滑り魚は逃走、
アジのサイズが良かったのかメバルなのかシーバスなのか不明。

次のアタリは上手く掛けて3匹目、
もう人間が限界・・・ 月も真上なので終了。

車に戻り即撃沈、3時間寝て帰って来ました。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ