詳細。。  釣り

こんな感じです。
一晩目は苦労してますねー
クリックすると元のサイズで表示します
21匹がやっとでした。

二晩目ほこんな感じです。
クリックすると元のサイズで表示します
1匹サイズが違う感じがアリアリですねー
全て並ばないので適当になってます。

久しぶりのメバル、
クリックすると元のサイズで表示します
25.5a・24.5a・23aですね。
セイゴ大は51.5aでした。

これだけセイゴを釣ってもフックは開かないのに〜
メバルを同じフックでやると開くんですょー

ようするに全体のバランスが悪いから弱いところに力が集中してしまう訳、
9.3fの竿にPE1号ではどこがイキますか、ハリでしょ(笑)

フグかチビメバルか判断する為にセイゴで使っているハリを使っていました。
そして二晩目のセイゴに釣りに移行する訳ですがー

メバルで時間を使っているのでセイゴ狙いの時間は短くなっています。
それでも前日よりも釣れているのでやはり前日の情報は威力ありあり〜♪

更に50aに到達していますから・・・
これは投げ続けているから釣れた魚ですね。

やはり群れの入る入らないは延々投げていないとわからないコトなので、
そこは休憩無しで投げていますから「投げ勝ち」かな(笑)

これがシーバスロッドだと投げるのは楽なのと遠投が効く、
ソコが落とし穴!遠くに投げれば広く探れるのですが1投を巻くのに時間がかかる。

私は片手でピュン!レンジに気を使い巻く巻く〜
すぐに次のキャストへ、なのでキャストからの巻きからのキャストが早い!

ライフルとマシンガン的な違いかな、違うか?(笑)
とにかく投げる回数がハンパナイ!

すると魚の動きがわかる時がある。
同じ場所で釣れていて2-3投アタリが出ない、

即投げる角度をかえて投げる、その範囲で触らないと即逆方向へ投げる。
そしてアタリが出てすぐに釣れなくなる、

そんな時は小さな群れが早く動いたり---
自分も動き 魚が動いたであろう方向に進んで投げる。

それで釣れれば自分の前を魚が横切り反対側へ行ったので
その群れを追いかけるイメージで投げると連続で釣れる。

毎回ではないが上手く見つけられることがあります。
ナイスセイゴはヒットする前に何度か魚に触ったので もしかして・・・

丁寧に投げていましたね。
構えて投げている感じかな、そしたらヒットしたので慌てずに捕れました。

しかしその次がまずかった〜
キャストから巻きに入ってすぐにヒットしたので掛かりが浅かった。

まぁマシなサイズも居るのがわかったので次も釣れることを祈り〜
今晩行って来ます!(爆)

また行くんかい!(笑)

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ