詳細。。  釣り

今回はこんな感じ。。
久しぶりに使ったハリ先が錆びてたなー

それでも釣れるから(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
82匹、マメにハリを替えたけどね〜
細い先が一番錆びやすい。

見た目は大丈夫だが使うと先がすぐにナマる。
縛り直す、少し使うとすぐにナマる。

5本ほど縛り直しましたね。
湿気が多いこの時期は気をつけないと、

マヌケなコトになりやすい。


前半にあった連発は神がかっていたね〜
竿をマジデッドスローで上げていくと あの小さなハゼが咥えた瞬間がわかる!

そしてその重さを感じる!
その瞬間を逃さずアワセる。

もう少し待つとハゼがエサを咥えてその場から逃げようとする。
必ずそうなる、なぜなら口に全てエサが入っていないから、

口に入っていてもエサを横取りされないように場所を動く。
エサを引っ張っても動かないとでんぐり返ってエサをちぎろうとする。

そうなってしまうと掛けにくくなる。
その前に掛けに行きたい。

なぜそんなところにこだわるのか?!
アホじゃないの〜 と思うでしょ!!



口からエサが出ていると他のハゼが突進してくる。
それは避けたいと言うかその場から立ち去りたい!

口に入っていないと派手に逃げる、いち早く逃げる為に。。
しかし口にエサが全て入っていれば地味に気づかれないように立ち去りたい、

なのでラインが地味に移動していく。
ココで手前に走られるとアタリというかテンション自体出ない。

アレッ?と思い巻くと掛かってるし!
地味に移動すると掛けやすいのは口にエサが入っているから。

なぜそんなコトがわかるの??
それはサイトで見て知っているから!!

なのでハゼを狙っても何を狙っても前アタリを取りに行くのはその為、
キスも同じアジも同じ群れる魚は特にこの状況がハマる。

そんなコト考えつつ釣りをしている人は少ないわな〜(笑)
居るのか??そんな人(笑)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ