さお。。  釣り

ヒゲオヤジさんが気になる竿の話。。
竿先が見えれば そりゃ全てアタリにつなげる動きを竿先に求める。

更にラインが見えればその動きも読む。
ラインを見たら全て済むのだが・・・

それをしてしまうと人間の感覚が鈍る。
手でアタリを取らずに目で半分アタリを拾ってしまうから、

確かに見えるラインを使う人は魚を掛ける。
見えなかったらどうなる?

色々やった挙句の果てに竿先は太くなる(笑)
一番感じたのはバスロッドを使ったところだった。

メジャクラのベンケイね、
少しイジったが ほぼそのままー

竿だって軽い訳ではない。
でも長くない。

竿なんて見ていなくても全然イケる、
だから昨年秋はかなり助けられたね〜

ソコを他の2本でカバーしていく感じになっていた。
軽さが無いのでついベンケイを外し気味になるのだが、

わかったコトが竿先を曲げるとアタリの何パーセントを逃がしている。
かと言って竿を曲げない訳にはいかない。

竿が曲がらなければ100%アタリを伝達!魚は違和感だらけ100%!
なので曲げない訳にはいかない。

竿の軽さや曲りを気持ちのまま表現するとー
2段階に曲がる竿が出て来る。

最近の竿は軽い34とか細い。
なので反発力のあるブランクを組むしかない。

だから結局オリジナルを組む人はデジーノとかを組む。
それとひと昔前変にカリカリな竿があった、

名前を忘れたが(覚える気が無い)ブランクがありゃ渓流竿、
鮎竿までいかないかそんな作りだった。

アタリを出す方向性は良かったが強度が足りない。
ブランクを薄く硬く作れば感度は上がるが強度は落ちる。

なので折れる、倒しただけで折れる。
そんなブランクで短いから折れるね。

どうでもいい話でしたー

微かに竿全体が曲がるところがミソ!
振り幅は必要でそれを綺麗に出す。

変に大きく振れないけど少し振れる、
それが全体に曲がる様にがベスト。

反発力は大事でアタリを呼び込むキッカケにもなる。
抜けるアタリは反発力が無いと出にくいからね〜

引けない竿が引ければ抜けてはいるけど
竿を引き続ける訳にいかない、引き続けるのは巻きになる。

微かな曲りがキレイに出て全てをバランス良くアタリを伝える。
だから変に細くならなくていい、

掛けてからの魚の引き味を楽しむのは減るかもしれないがー
アタリをより多く掛けられないとね 一応。。

引きを楽しむ竿は他に作ればいいから(笑)



まだ曲がる竿の威力を組み込める竿が出来る可能性もある。
それが赤竿ね、セイゴで威力を発揮しているから,,,

アジは魚が軽いから威力を発揮できるかわかりませんが
生かせれば巻きで強い竿が確実に出来上がる。

これはまたの機会に。。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ