試作。。  釣り

作ってみましたジグヘッド。。
最近使い込んでなかったので試作していませんでした。

一応 釣りのなかでイロイロと試してはいてー
微調整していて が正しいかね(笑)

結構気を遣うのが「沈下速度」で早すぎても駄目だし
遅い方は早く出来るので微調整しやすいけど、

簡単には遅く出来ない。
遅く(軽く)すると飛距離に影響してくるからね。

飛距離は結構重要で魚に届かなければ釣れない訳で・・・
重くすれば 飛距離は出るが 沈下速度が上がる。

重いと魚に違和感を与えやすい。
とまぁ 相反する問題なんですゎ,,,

この辺りがクリアー出来れば魚はもっと簡単に釣れると思う訳でー
ノーシンカーをブッ飛ばせれば"理想”ではあります。

そんなアホなコトを考えても始まらないので
尾鷲の釣りを通じてバランスを出せれば釣果に反映されてる訳かな?!

釣れれば正解ではありますからね。
実際に今回あった、フックを替えて釣れたりもあるのでセイゴメインか、

メバルメインか、アジメインか、イロイロと難しい訳です。
針ぐらい縛りますけど 気付く までに時間が掛かってしまうのがよくある。

何で釣れない??と延々悩んでいると時間だけが過ぎてしまう、
アタリがあって掛からないのだから フックが良くないのかー

オモリの重さなのか 早く判断しないといけない。
全てがハマると見事にアタリが出てアワセの間が取れて

アワセもキッチリ決まりフックもバレない所に掛かり
バラシが一気に減り魚の確保率がアップしてくれます。

ずっとそのセッテイングが同じでイケればいいのだが---
今現在PE02号を使っていて温かくなってくると

セイゴも引きが強くなるのでラインもリーダーも上げていかないとイケない。
全て少しづつ太く重くしていけばいいのだがソコが難しい。

基本1g調整で良かったのですが+1+1と増やせばイイ訳で
自分も楽なのではありますがジグヘッドを使うとそうはいかなくなる。

ウエイト変更で縛り直し・フックサイズ変更で縛り直し、
スナップを使えばいいのだがジグヘッドってエステルを使っていると

切れるのが当たり前で ジグヘッドが切れるとスナップも無くなる。
アジだけなら使えばローテは早いのだがセイゴなども食わせるので

出来るだけ使いたくない。
なのでジグヘッドをあまり使わなくなっていました。

今回エステルも使っているので微調整で04号も手に入れて
飛距離はそのままでラインの強度を少し上げつつジグヘッドを作ってー

試作品が出来上がったところです。
明日ラインを買いに行ってリールに巻いたら寒波が来ているのに出撃ですゎ。

歯科にいかないといけないのが...
オジサン アレコレしております。。



ラインを買ってシンカーも買って歯も削ってもらって言うコト無し。
金曜にかぶせる金属が出来上がるそうで土曜にまた歯科ですゎー

寒波が来ているのでどうなるのか、
雪なんて降らないで欲しいですけどね。

運転は危ないし車は汚れるし良いコト一つもありません。

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ