詳細。。  釣り

今回はこんな感じ。。
プラ桶に100匹、

もー並べられるレベルに無いです。

クリックすると元のサイズで表示します

サバ少々、まだ他にいます。

クリックすると元のサイズで表示します

一気にウロコを取り洗ってから頭を落とし、
腹を落とし内臓を出し血合いを包丁で---

刺し身用は尾っぽも落としてます。
血合いを歯ブラシで洗い流し水分を拭きステンのトレイに居れ冷蔵庫へ、

後日刺し身にしていきます。
尾付は親に任せるコトにしました〜

次の40匹を並べてみました。

クリックすると元のサイズで表示します

まずまず面倒です、
並べずに済めばその方が楽でいい。

先に100匹の下ごしらえをしましたが、
やはり一度100は多いデス。

40〜50匹がいいところではないでしょうか,,,
魚が温まると一気に柔らかくなるので分散してさばくのが基本ですね。

クリックすると元のサイズで表示します

そして41匹とヒラセイゴです。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒラセイゴ1匹では・・・
修行が必要ですねー

たまたま上手くいくと(前回)同じ事をやれば釣れると思い込んでしまうとアウト!
どうしたら上手く食わせられるか 考えていないとやはり釣れなくなります。

そのキッカケをくれたのか今回のヒラセイゴ1匹、
やはり食うレンジがヒラセイゴにもあるようで・・・

早くそのことに気づけばもう少し釣れたと思うのです。
掛け損なっているので食ってはいて どう食わせるか ですねー



親に投げたアジは素焼きしてから酢と何で煮たのか不明ですが、
アジがホロホロになって骨までがぶがぶ食べられます。

そしてオリジナルロッド手直し中です。
もう少し軽く繊細に、すでに先のソリッド部の合わせまで何とか出来ていて、

固定とガイドを巻けばOK!
直す前はアタリは取れるが繊細さが足りませんでした。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ