う〜ん、まだまだ、  釣り

今回の敦賀ではサワラが元気でルアーを飛ばされる事も、
買ったばかりのモノを1つ・・・もう一つもリーダーからバッサリ>_<)
あと一つはリーダーが絡んでいたのでバチッ!とサヨナラ〜

朝一に一つ目のサゴシを掛け船に上げ すぐジグを落とし込み底を取って巻き上げた瞬間に魚が掛かりドラグを滑らせて大型を予感したのですが フッと切れてしまった。

ラインの切れた場所をチェックするとビミニのダブルラインが互い違いに切れていた。
こんな切れ方するか?!リーダーは4mほどあったのでジグに掛かった魚より上にサワラが群れていたのか…

これほど厄介な魚は居ない!とそのときは思うのですが釣れないとサゴシでもいいから釣れないかとあれこれ試す。このジグなら切れてもいいからーなんて思っていると当たらないから切れない・・・

使いやすいルアーばかり減っていく訳である。また補充したいがもー売ってない安物だったり、さぁどーするの。。まだまだこりゃこりゃでありんす。。

それと今回釣行前の仕事が大変で10t車のウイングサイドドアが開いた瞬間、
前から後ろまで25キロの袋モノが山盛り…600袋これを2人で下ろして〜
一日置いてまた同じだけ600。。。腕が背中が,,,それからジギングへ行くハード釣行でした。

それでも一日頑張ったのは意地だったのか何なのか、最後の入れ食いの時は結構集中してリーダーチェックも行いメタルジグのロストも防げたかな、一瞬あせったのはカッパにアシストフックが掛かった時、落ち着いて外せたので問題はなかったのですが1980円のカッパに穴がぁ〜(>_<;)〜

後半リールを交換してラインが1号PEを試してみる。
船があまり流されないと40gでも65mの水深でも底は取れます。ただ一度流れると
着底の一瞬を見逃すとラインは出ていくばかり、おかしい!と一気にリールを巻くと底をジグがノロノロ浮き上がるのでエソがガッチリ!

ただ最後のサゴシには対応できました。結構上層まで魚が浮いてくれていたので底取りが妖しくても深場から中層で魚を掛けられましたねー今後そんな事があるかどうか、、
またあれこれ試していきたいです。。

そうそう同付き系リグにタコベイトでサゴシを釣りました、インチクでも釣れていましたから活性はかなりのものだったのが伺えます。。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ